恋愛、仕事、人間関係。気軽に電話でカウンセリング

お悩み相談室トップ > 無料カウンセリング > 失恋から立ち直れない

無料カウンセリング

  • 失恋から立ち直れない

    去年、就職のため上京しました。
    地元に彼女がいて、遠距離になっても彼女とは、繋がるとおもっていましたが、
    就職し夏には彼女から「やっぱり遠距離はさびしい」との理由で別れました。
    自分は、彼女との将来を考え、大手の企業への就活をがんばり、上京してからも
    まめに彼女と連絡を取り合っていたのに、自分の努力が足りなかったのか、
    振られてからというもの、何も楽しく感じることがなく、虚無感で毎日を過ごしています。
    元彼女がいる地元には帰りたくなく、休日はひとり、仕事はなんとかやっていますが、人生に何も楽しみもない。
    長い暗い出口のないトンネルにいるようで、こんな自分は価値もなく苦しいです。
    失恋ごときでこんなになってしまう自分が情けない

    男性
    24歳
    2013年02月25日
  • 山口 愛乃カウンセラーの回答

    yotaさま

    カウンセラーの山口です。
    ご相談、ありがとうございます。

    内容を何度も読ませて頂き、
    彼女のことをどれだけ想っていたかが痛い程伝わってきて
    胸がぎゅ〜っとなりました。

    「嫌いになった」とか「他に好きな人ができた」とか、
    「吹っ切れる振られ方」なら、その瞬間は辛くとも
    もう少し早く、気持ちを切り替えられる。

    だけど、「遠距離は寂しい」が理由では、
    彼女との将来を考えた大手への就活〜就職、
    上京後も、遠距離を埋める様に彼女へのこまめな連絡と、
    精一杯、努力してきたyotaさんにとってみたら、
    虚無感でいっぱいになってしまうのは当然かと思います。

    想いの深さの分だけ、痛みも大きい。
    「長い暗い出口のないトンネルにいるよう」という
    yotaさんの言葉、よくわかります。
    辛かったですね。

    「なぜ?」「どうして?」「どうしたらいい…」と
    自問自答し、やり場のない想いがいつも胸を痛ませ、
    重く、苦しい。

    なかなかトンネルから抜け出せないご自身を責める以外に
    割り切りようがない。

    そんなyotaさんへ。

    まずは、カウンセラーとしてではなく私個人、
    1人の女性として、そして同じような経験をした者として、
    yotaさんにお伝えしたいことがあります。

    それだけ真剣に、1人の女性を想えたyotaさんは
    とても真っ直ぐで、男らしく、魅力的な男性です。
    価値が無い、情けないなんて、とんでもない!
    誇りに思っていいことです。

    それを証明するために今度はカウンセラーとして、
    1つ、やってみて欲しいことがあります。

    それは、彼女と出逢いから今に至るまで、様々な努力をした結果、
    「この恋愛で貰ったギフト=手にしたもの、学んだことリスト」
    の作成です。

    ご相談内容から読み取れるだけでも、
    「この恋愛で貰ったギフト」には、

    ☆本気で人を好きになった
    ☆(将来を考えたからこそ)大手の企業への就活を頑張った
    ☆努力の結果、希望の大手企業に就職することができた
    ☆彼女に寂しい想いをさせまいと、こまめな連絡をした
    ☆彼女の気持ちを尊重し、辛い別れを受け入れた
    ☆心の底から「痛み」を知ったことで、今まで以上に
     「人の痛み」がわかるようになった

    など、これからの人生に繋がる経験がたくさん。
    yotaさんなら、もっともっと書き出せますよね。



    次に軸をyotaさんに置き換えて、思い返してみてください。

    ☆大手企業への就活を頑張ったのは、彼女との将来の為だけですか?
    ☆就活を頑張っていた時、「この会社でこんなことしたい」と
    思ったこと(夢・目標)は、どんなことですか?
    ☆内定が決まった時、どんな気持ちでしたか?
    ☆もし、この恋愛がなかったら、yotaさんは今頃どうしていたでしょうか?


    彼女のことだけ、振られたことだけ考えてしまうと、
    この先の人生が真っ暗に感じられ、より悲しみに執着してしまいますが、
    こんな風に、角度を変えて考えてみると、不思議と気分が変わりませんか?


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    yotaさん、

    1つの恋が終わっても、人生のすべてを失うわけではありません。
    どんなに両想いでも、叶わぬ恋もあります。

    そして、本気の恋愛・失恋は、後になってみると、とても大きな財産を
    残しくれたことに気づかされます。

    暗いトンネルの先にも必ず、出口はあります。
    いつか、悲しみに「さよなら」を、彼女に「ありがとう」を、
    言える日がきます。

    そのためには、思いの丈をすべて人に話すことも、思いっきり泣くことも、
    とても有効です。

    悲しみに囚われて、自分を見失うのも人間なら、
    そこからはい上がった時、更に魅力的になれるのも人間です。

    ぜひ、ご自身を責めるのは終わりにして、違う角度からご自身を
    見つめてみて下さい。

    yotaさんがトンネルの先の光を浴びる日が1日も早く来るように、
    祈っています。

    カウンセラー 山口 愛乃

回答したカウンセラー

  • 山口 愛乃
  • 山口 愛乃やまぐち あいの

    出張時を除き、可能な限り待機致します。上手く話せなくて良いのです。あなたのペースであなたのお悩みを聞かせて下さい。

    相談件数a
     571件
    価格

     1分 / 200円+消費税 

    その他
    【性別】女性   【年齢】43才   【血液型】A型  
  • 退席中

このカウンセラーの他の相談

似ている相談

PAGE TOP