トップに戻る

ネガティブでもいい、そこからポジティブな自分を育てていこう!

プログラム詳細

ネガティブ感情は大事なサインです。
つらい、苦しい、悲しい、寂しいなどのネガティブ感情は要らないと思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、いくら頑張っても、ネガティブ感情はゼロにはなりません。
それは、ネガティブ感情にも、大切な役割があるからです。
「不安」という感情から、起きるかもしれないリスクを予測し回避することもあります。
「つらいな」と感じるからこそ、自分が無理をしていることに気づき、立ち止まるきっかけになります。
また、ネガティブ感情を持つことで、同じような気持ちの人を理解できたり、自分が変わろう、成長しようと思えたりすることもあります。

肝心なのは、ポジティブ感情とのバランスです。
ネガティブ感情1に対してポジティブ感情3以上になると、生きやすさを感じるといわれています。
ポジティブ心理学では、ネガティブ感情を減らそうと躍起になるのではなく、ポジティブ感情を増やすために自分と向き合っていきます。

当たり前の毎日にある、ちいさな幸せを見つけながら、ポジティブ感情を少しずつ増やす。
その結果、ネガティブ感情の割合が減り、気持ちが楽になっていきます。

あなたのネガティブ感情をお聴きしたうえで、お勧めのワークや、考え方のヒントをお話しいたします。
実際にご自身が行動することが必要です。
一朝一夕で変化がみられるものではなく、行動習慣にすることをお勧めします。
まずは、お試し感覚でも大丈夫ですので、お声掛けくださいね。

この悩みに対応できるカウンセラー

新規会員登録はこちら

はじめての登録後1週間は10分相談無料!

申し込みの流れ

誰でも簡単に利用できる3ステップ!

※通常はお客様からカウンセラーへの電話をかける場合に通話料がかかりますが、専用の通話アプリをご利用いただくと相談料のみで通話料がかかりません。

通話アプリの詳細はこちら

よくある質問