トップに戻る

誰か・何かをずっと許せない…その執着から解放されるためのカウンセリング

プログラム詳細

自分が傷ついていると、自分らしく思いきって生きる勇気が持てなくなるものです。
怒りがあったり、悔しさがあると、無意識にそれを解消しようとして、誰かに当たってしまったりするものです。
怒ることと許すことはセット。
自分の中に怒りがあるときは、許すことを始めてみてください。
長年の積もった怒りは、じっくり時間をかけて許そうとしてみてください。
相手のためじゃなく、自分がスッキリして、楽しく生きるために。

①怒りを出して解放する
②何に怒っていたのか、何が悔しかったのか、自分の気持ちを見る
③自分を許す
④相手を許せるか、自分に聞いてみる
⑤自分のためにとにかく許すことを始めてみる

この悩みに対応できるカウンセラー

新規会員登録はこちら

はじめての登録後1週間は10分相談無料!

申し込みの流れ

誰でも簡単に利用できる3ステップ!

※通常はお客様からカウンセラーへの電話をかける場合に通話料がかかりますが、専用の通話アプリをご利用いただくと相談料のみで通話料がかかりません。

通話アプリの詳細はこちら

よくある質問