トップに戻る

相手に対するストレスを抱えたまま「我慢する」のではなく、願っている思いを素直に伝える『アイ・メッセージ』

プログラム詳細

以前、私がコミュニケーション講座を開いていた時に参加された女性が、ご主人に対してある不満を感じていました。

どんな不満かというと共働きで自分もご主人と同じようにフルで働いているにも関わらず、自分だけが夕飯の買い出しから夕飯作り、後片付けまでを1人でやらなければいけないことでした。

ついでにご主人がソファで1人ビールを飲みながらテレビを見ているのも不満を感じていたようでした。

だったら言えばいいのにと思うかも知れませんが、結婚して間もないし、揉めたくないから我慢するしかないと嘆いていました。

そこで、このときの講座が『アイ・メッセージ』だったので、そのまま伝えてみませんか?とお伝えしました。

すると、「でも…」と、ちょっと躊躇するような迷っているような感じで帰られました。

後日、この女性からメールが届きました。半信半疑で、でも我慢するより伝えてみようと決意して思い切って伝えてみた所、ご主人が手伝ってくれるようになったという喜びのメールでした。



「何で自分ばっかり寛いで手伝ってくれないの!」

「私だってフルに働いているんだからね!!」



このような伝え方をして揉める人たちも多いかも知れません。なぜかというと、このような伝え方は「ユー・メッセージ」といい、相手を口撃する言葉なのです。

これの本質は「お前が悪い!!!」です。

強く言えば相手は従うかも知れませんが、それは納得したわけでも、もちろん自分から進んで態度を変えたわけでもありません。仕方なく手伝ってやっているだけで、面従腹背状態或いは不満を我慢しながら渋々手伝っている、そんな状態なのです。

シチュエーションが違うかも知れませんが似たような経験をしたことがありませんか?



ここでお伝えするのはそれとは全く逆の伝え方です。

相手を非難するのではなく、批判するのではなく、攻撃、口撃するのではなく、怒りや不満の奥にある『願い』や『期待』、『望む想い』を伝えるということです。



もちろん、全てが上手くいくわけではないでしょう。でも、揉めたくない、そして我慢し続けるのもストレスが溜まると感じているなら検討してみる価値はないでしょうか。

この悩みに対応できるカウンセラー

新規会員登録はこちら

はじめての登録後1週間は10分相談無料!

申し込みの流れ

誰でも簡単に利用できる3ステップ!

※通常はお客様からカウンセラーへの電話をかける場合に通話料がかかりますが、専用の通話アプリをご利用いただくと相談料のみで通話料がかかりません。

通話アプリの詳細はこちら

よくある質問