恋愛、仕事、人間関係。気軽に電話でカウンセリング

お悩み相談室トップ > 無料カウンセリング > セックスレスを何とかしたい。

無料カウンセリング

  • セックスレスを何とかしたい。

    主人は46歳、私35歳、息子1歳半の3人暮らしです。

    出産後から夫婦別室です。(睡眠確保したいと主人の希望です)

    結婚後、すぐに妊娠しました。
    妊娠が分かってから今まで一度もセックスしていません。(付き合っていた頃は月に1〜3回ありました)
    スキンシップもありません。

    息子が10ヶ月頃より夜中によく寝てくれるようになり、私も余裕が出来て、セックスしたいと思ってきました。
    また二人目のことも考えていました。

    主人に『セックスしたい』『二人目が欲しい』ことを伝えました。

    すると『仕事で疲れているから出来ない』『一人っ子でいい』と言われてしまいました。

    30代半ばで『女』として終わりなのか…と思い、とても寂しく、虚しく、哀しい思いをしました。

    その後、主人は付き合っていた頃と今は仕事の大変さが違うため常に疲れているし忙しい。
    もし二人目を考えているならば仕事先(勤務地)を変える必要があると言われました。

    そんな事を言われる前はスキンシップからと思っていたのですが、そう言われてから何も言えなくなり、スキンシップをとることもしていません・・・。

    セックスレス解消は、どうしたらいいのでしょうか?
    話し合いをするにしてもどう話していいのか・・・。
    スキンシップを取るにしても嫌がられたら嫌ですし・・・。

    もともと口数の少ない主人。
    子供はとても可愛がってくれます。離婚は考えていません。
    でも、この悶々とした気持ちを抱え、これからの人生をどう考え生きていけばいいのか。
    一緒にいても楽しくありません。

    女性
    35歳
    2012年09月 7日
  • 藤原 さちカウンセラーの回答

    ぺこなつさま、はじめまして。
    カウンセラーの藤原です。
    宜しくお願い致します。

    ぺこなつさまからのご相談を拝読させて頂きました。

    お子さまを出産されてからご主人さまと夜の営みが無くなってしまわれたのですね。。

    ハッキリとした理由も分らず、
    どう接していけば良いのかも分らずに毎日を過ごさせれるのは
    さぞお辛い事とお察し致します。

    勇気を持ってご主人さまに問い掛けても、
    サラッと流されてしまい、
    まだまだお若いぺこなつさまが、
    「女性として見てもらえていないのだろうか」…という
    とても寂しくて虚しく、悲しいお気持ちになるのも
    とてもよく理解できます。

    ぺこなつさまも懸念されていらっしゃるように、
    このままの状態がご夫婦にとって良い訳がございません。

    少しずつでも前進出来るように考えてみましょうね。

    はじめに、ご主人さまが今の状態になられた時期が、
    ぺこなつさまの妊娠、出産という点です。

    ご主人さまはその時点から
    ぺこなつさまを「女性」から「母親」として
    見るようになられた可能性があるのかもしれません。

    同じ様なお悩みの方からは、
    過去に拒否をされてから、そういう行為を出来なくなった…という
    男性もいらっしゃいました。

    又、そういうお気持ちはあっても、体が思うようにいかない、
    ED(勃起不全)という可能性も無きにしも非ずです。

    ご主人さまの仰るとおり、疲れもおありなのかもしれません。。
    いずれにしてもご主人さまにしか分りえない、
    ご主人さまなりの何か原因がおありなのではないかと思います。

    こういう問題はとてもデリケートな部分がございますので、
    今のご主人さまにとっては、ぺこなつさまからのそういうお話しが、
    “責められてしまっている”ように感じてしまうのかもしれませんので、
    ぺこなつさまは、まずはお二人目のお子さまが欲しいためとか、
    夫婦なら当然あるべき行為。などと、
    ご主人さまに対してセックスに“義務感”を感じさせないという事が大切です。

    ご夫婦にとっての夜の時間は、
    お互いの存在を確かめ合い、愛を感じ合い、
    お2人の大切さを再認識する時間でもあるべきだと思います。

    ぺこなつさまの仰る様に、スキンシップはとても大切ですよね。
    ご主人さまがひくような極端なスキンシップや、
    疑問を抱くような方法は逆効果かと思いますが、

    例えば、お子さまがお休みになった後、
    ご夫婦のだけの時間に、ご主人さまと共通の趣味のお話しをしたり、
    一緒にDVDなどで映画を観たり、
    お酒がお好きでしたら一緒に飲むとかでも、何でも構いません。

    重要なのは、ご夫婦で共有する時間を重ねていく事です。
    それを積み重ねていくことで、共通の話題が増え、
    話題に事欠かなくなっていき、お二人の会話にぎこちなさも
    少なくなっていきます。

    それが出来るようになってきた頃を見計らって、
    会話の途中、途中にボディータッチを入れてみて下さい。

    会話が盛り上がり、笑えるような場面などで
    ご主人さまの肩をポンポンと、軽く叩きながら笑うとか・・
    膝に手を乗せるとか・・

    様子を見ながら徐々にそういうスキンシップを増やしてみて下さい。

    そして、恋愛期間のぺこなつさまご自身を思い浮かべ、
    その頃のご主人さまが惹かれたと思われるご自分に近付く努力も
    頑張ってみて下さい。

    少し、初めての出産と育児でぺこなつさまご自身が
    お疲れモードになってしまっているようにご主人さまの目には
    写っているのかもしれませんよ。。

    まだ手の掛かるお子さまの面倒をみて、女性は大変です。
    でも、ご主人さまにぺこなつさまの“女性”を忘れさせない為にも
    頑張ってご主人さまの前では活き活きと
    笑顔をが輝く女性でいらして下さい。

    時間は掛かるかもかもしれませんが、少しずつ前進して下さい。
    応援しております。  藤原

回答したカウンセラー

  • 藤原 さちの
  • 藤原 さちのふじわら さちの

    ◆具体的なアドバイスが欲しいとき、どんな小さな事でも短い時間でもお気軽にご相談下さい。ご予約、メール相談も承ります。

    相談件数a
     467件
    価格

     1分 / 200円+消費税   1通 / 3,200円+消費税

    その他
    【性別】女性   【血液型】A型  

このカウンセラーの他の相談

似ている相談

PAGE TOP