トップに戻る

キャリア

1-10件を表示 / 全19件中

  • ワークライフバランス
  • キャリア
  • 「働き方」と「生き方」について考えるセッション

このセッションでは、あなたの状況と希望などを丁寧に聴くことからスタートします。 生き方・働き方・キャリアに対する考え方はこの10年で大きく変化しました。 かつては、社会や会社の提示する「よい生き方・働き方の型」がありました。 男性は家族の為、終身雇用が理想的、女性は家庭で良妻賢母、そんな時代もありました。 しかし、時は流れ、そんな型は求められず、必要なくなってきました。 そして今は、多様化の時代、変化が求められている「風の時代」です。 自由であると共に、働くことによる安心安定が保証されなくなってきました。 つまり「自分は仕事に何を求めているのかを考えた末に、趣味や家庭の方が大切だ」など仕事を第一優先にしない生き方もアリになってきたのです。 自己実現のため事業を起こす、転職する、など男女問わず人生の各段階に応じて多様な働き方の選択も出来るようになってきました。 働き方は「生き方」に直結する問題です。 「このままでいいのかな」「何か違う気がする」そんな漠然としたお悩みを持ち続けている方に役立つセッションです。 違和感を感じたら、日々の生活の中で埋もれてしまわずに、一度立ち止まって「働き方、生き方」について考えてみませんか?

  • ワークライフバランス
  • 向き不向き
  • キャリア
  • 自分自身の理想の働き方を見つけるカウンセリング

今の働き方に漠然とした不安や不満を抱えているがどうしたらよいかわからない… このようなお悩みを抱えている方に向けたカウンセリングです。 理想の仕事や職業からではなく、まずはご自身がどのような働き方を望んでいるのか。 そういった面を大切にしっかりとお話や想いを聴かせていただき、働き方のモヤモヤを晴らしていくためのカウンセリングとなります。 具体的にやりたい職業を明確にすることももちろん重要です。 しかし、その土台となる ・自分自身がどのように働きたいのか ・働き方を通したどのような生き方をしたいのか を明確にすることも非常に大切です。 私自身、キャリアカウンセリング、心理カウンセリング、経営コンサルティング、家庭教師と様々な仕事を行っていますが、私の中では全てが1つの土台から成り立っており、無理なく充実感を持って仕事をすることができています。 そして、全ての仕事が大きな共通点を持って成り立っている確信もあります。 私自身の例で恐縮ですが、自分自身がどのような働き方をしたいのかが明確になることで、職業に縛られずに様々な働き方の選択ができるようになっていきます。 一方的なアドバイスではなく、あなたのお話を伺わせていいただき、モヤモヤを晴らすお手伝いをさせていただきます。 もちろんご興味あれば私自身の話も包み隠さずお話させていただきます。

  • 転職・退職
  • キャリア
  • 会社を辞めたくなった時、自分を整理し、辞める事を決断するためのセッション

会社内の人間関係に疲れてしまい会社を辞める事に悩んでいる方や仕事に対する姿勢の減退、自分が関わる仕事への不適合さなど様々な出来事から勤めている会社を辞めようと考えた時に、下記のような内容を確認させて頂きます。 ◎”会社を辞める”という事に将来に向けたポジティブな退職を考えたのか ◎その場から逃げ出したいだけの安易な退職を選択したのか ◎状況や周囲の関わりが改善されたり自分の中で整理出来る余地を持っていながらの退職を悩んでいるのか 上記の選択などから退職を考えた理由や状況を今一度考えて頂くヒアリングをし、 *改めて自分の意思表示がクライアントの本当の選択と将来の可能性や理想に結び付いているか *退職をした場合の自分は何が準備出来ているのか *その先に何をしたいのか など ただ単に休息をしてから心身とも整てから次の行動に出る事を考えているのかなど安易な退職ではなく、自分の中で理由が整った退職である事に結び付けて頂くセッションを行わせて頂きます。 また退職の意志を伝えるタイミングや残務処理や引継ぎに費やす時間において、その間の周囲との関わり方や自分が次に進む道や仕事についてなどの並走しながらの行動の姿勢や退職の必要性などを改めて考えていただき、ご自分が良き選択される為のカウンセリングと方向性の整理をお手伝いさせて頂きます。

  • 転職・退職
  • キャリア
  • 転職についての姿勢と準備や、昨今の転職事情について

退職の意志の自らの中で決めた時に、転職を考えた時に、進める手順や転職で成功する方法をお伝えいたします。 〇スケジューリングを考えた転職活動の方法 〇自分が就きたい仕事に関われる会社の探し方 〇インターネットを活用した転職活動の登録から応募、面接から内定までに至る流れについて 〇公的機関(ハローワーク)や求人誌等の活用でのメリット/デメリット 〇転職サイトでの応募や登録で必要な記載事項の確認 〇実際に面接に至った場合の必要書類や経歴書、レジュメ作成のアドバイス 〇面接に臨む際の心構えや姿勢、スタイル、必要書類の作成についてアドバイス 〇応募以外の転職活動としてのエージェントの使い方 〇語学に自信と慣れがある場合の国内にある外国人が対応するエージェントへの試み 〇転職が決まった段階での勤務先への退職の意志の伝え方 〇退職が先の場合でのこれからの転職活動の流れ 〇現在の社会環境における転職事情など 上記の内容について、転職への希望と意志確認から転職に関する相談や、自らの経験を踏まえて必要な情報提供と進まれている段階についてのアドバイスをお伝えします。

  • キャリア
  • 育児・介護との両立
  • 育休中の不安の解消と、復帰後のキャリアをイメージするセッション

今までのキャリアの棚卸しから、ご自身の強みを言語化していきます。 そこから、「〜ねばならない」より「〜したい」とポジティブに今後のキャリアを描くためのお手伝いをします。  大切なお子様を保育園に預けてまで働くのであれば、自分が納得のいく仕事をしたい!という方にはぴったりです。 また自信をなくしてしまった方は強みを言葉にして認識することで自信の回復のお手伝いをさせて頂きます。

  • キャリア
  • 愚痴聞き
  • 仕事の愚痴から、新たな方向性に気づくセッション

愚痴の背景の裏には、長年我慢してきたことや、様々な理不尽な問題が絡んでいることがあったりします。 それら全ての要因を客観的に整理して、改善策の糸口を探して参ります。

  • 職場の人間関係
  • キャリア
  • 中間管理職での立ち回りに悩んでいる時の対処法

部下が自分の望んだレベルの仕事が出来ない… 自分が中間管理職になる前は部下と同じフィールドで働いて結果を出してきたはず…。 どうしても自分が現場にいた頃と比較してしまい、仕事の段取りや結果に満足がいかず、部下に対して仕事ができないと不満を持つケースがあります。 その様な時に部下にどのような指導をしたら良いのか、一緒にお話していきましょう。 また、さらにに上の上司からの業務指針の提示、それをしっかり理解し部下に自らの指示として業務を遂行させなければならない、そうした状況で中間管理職者が上司と部下の板挟みとなってしまい、それによって精神的疲弊が進み、メンタルダウンして休退職、さらには自死などの最悪の結末に至ることも散見されます。  このような悩みは、基本的に組織の中で仕事をする上での自身を取り巻く人間関係の問題として考えることが大切です。 すなわちあなた自身が、仕事を介しての上司や部下との人間関係をどのように考え、またどのように対応しようとしているのかを再確認することが大切なケースも多いでしょう。 そこで、ここではあなたの職場での人間関係の考え方などについてお話を伺いつつ、具体的な悩みの解決に向けて支援や提案をしてまいります。

  • やり甲斐・モチベーション
  • キャリア
  • 大きな不満はないけれど、このまま現状維持でいいの?

上を望めばきりがないけれど、今のキャリアに大きな不満はない。 でもたまによぎる不安や不満。今の仕事でいいの?このままでいいの? 見て見ぬ振りもできるけど、気にはなる。 そんなお気持ちないですか? 自分以外のもののために蓋をしてしまっているお気持ちがないですか? 諦めてしまっていることはないですか? まずはモヤモヤしたお気持ちをお聞かせください。 一緒に考えてみませんか?

  • 向き不向き
  • キャリア
  • 自分の天職が知りたい!自己分析で強みを発見するセッション

このセッションでは、あなたの自己分析のお手伝いをさせていただき、自分の「強み」に気づいていただくことが目的です。 電話での傾聴・質疑応答に加えて、エニアグラムによる性格診断をいたします。 (※準備がありますので、ご予約ください。) 「成功する人は強みを知っている」 何かに突出して優れている人でも、気づかずにいたらチャンスは来ません。 自分の強みを知って、活かせている人が、人の心を動かし、成功者となるのです。 仕事を選ぶとき、職種・職務内容・雇用形態・勤務地・勤務時間・給与・休日など、優先順位は人それぞれ。自分の強みを活かしたい、やり甲斐を感じたいなど、「個」のスキルやモチベーションを重視する方もいらっしゃるでしょう。 仕事を、どう捉えるかで幸福度が変わります! 「労働」 お金を稼ぐことが目的。モチベーションは低く、義務感で働く。 「キャリア」 お金を稼ぐこと、さらに上の役職に就き権力を得ることが目的。モチベーションは維持できるが、周りに認められたい、もっとお金を稼ぎたいと欲が出てくるため、無理をしがち。 「天職」 働くこと自体が目的。満足感を得て精神的にも充実し、仕事を極めることが幸福に繋がる。 初めは「労働」だったけれど、真面目に取り組むうちに「天職」に変わったという人もいます。 また、何かのきっかけで自分の強みを知り、それを活かせる仕事にチャレンジした結果、「天職」に巡り合えたという人もいます。 あなたが自分の強みに気づき、認め、活かし、いつかの夢への「きっかけ作り」をさせていただければ幸いです。

  • 向き不向き
  • キャリア
  • 今の仕事が適していないと感じながらも、自分のしたい仕事や役割を見つける思考術

今の仕事を任されている事が自分にとって適切なのか。 自分がこの会社に入社して本当にやりたい仕事があるのに与えられた仕事に対してモチベーションが上がらない。 入社した時の気持ちでやり甲斐を感じながらこの会社で仕事をしていたいと思う思考と現実のGAPに苛まれている。 下記の確認から実現できる為の考え方やアピールの仕方についてのアドバイスをさせていただきます。 ◎この会社で自分はどんな仕事に就きたかったのか? ◎自分の専門知識をこの会社のどの分野で活かせていけるか? ◎この会社を選んだ本当の理由は? ◎自分には何が出来るのか? ◎異動が可能な場合のチャンスの掴み方やアピールするべき人脈の作り方 ◎自分にとっての仕事のモチベーションとは何か? ◎自分の希望する分野の仕事が無い場合の自分の判断と選択について ◎相談出来る上司との関係性や社内情報の掴み方など 様々な点についてヒアリングさせて頂き、一つ一つ整理して可能不可能の線引きの中から、可能な路線から必要な活動とアピールの必要性をアドバイスさせていただきます。 過去の経験と相談事例から適正や可能性の模索を、心理面や経験談からよき選択と再認識に結び付けてカウンセリングを行います。

お悩みカテゴリー