恋愛、仕事、人間関係。気軽に電話でカウンセリング

お悩み相談室トップ > 無料カウンセリング > 娘の孫への「嫌い」という気持ちを変えたい

無料カウンセリング

  • 娘の孫への「嫌い」という気持ちを変えたい

    娘36歳、孫10歳の事ですが、
    娘は孫が言う事を聞かないから段々嫌いになる、育てきれないので、施設に預けると言っています。
    私も預かったりしたのですが、甘やかすからしつけにならないので駄目と言われました。
    孫は、「自分が悪いのはわかっているけど直せない」とマイナス思考です。両親の離婚の事もあると思います。
    孫から「どうしたらいい?」と相談があるたびに、話してあげるのですがわかっていません。
    娘も悪い所が有るので、注意したら、興奮し話になりません。
    毎日心配で、私がどうにかなりそうです。
    でも、どうする事も出来ないので、このまま、様子を見守るしかないのでしょうか。

    女性
    57歳
    2013年9月5日
  • 隈元 麻愉美カウンセラーの回答

    初めまして。
    エンジェル様。

    カウンセラーの隈元です。
    このたびは貴重なお悩みをお聞かせいただき、
    本当にありがとうございました。

    育児に関する問題定義は、誰に対しても参考になるものです。

    エンジェル様はこのようにご家族のことで心を悩ませて、
    とても優しいかたなのですね。
    エンジェル様の優しさがありますので、
    エンジェル様のご家族の状況は、きっとこれから良くなっていくこでしょう。


    まず、娘さんは娘さんなりに、精一杯に子育てをされているということを、エンジェル様もご存知のことと思います。

    娘さんはご自分が置かれた環境の中で、疲れや不安を抱え、
    また世間から与えられた「価値観」に脅かされつつ、
    お孫さんを一生懸命に育てていらっしゃいます。

    娘さんは精一杯なので、

    >娘も悪い所が有るので、注意したら、興奮して、話になりません。

    とありますが、それはいたしかたのないことだと思われます。
    本当に、精一杯なので。


    一方、小学生のお孫さんは、
    いくら叱られ、「嫌い」と言われたとしても、
    お母さんが好きです。
    お母さんを頼りにしていますし、できれば期待に応えたいと思っています。
    そのことも、もしかするとエンジェル様はご存知のことと思います。

    しかしお孫さんは、お母さんが自分を嫌いで、施設に預けようとまで考えているのなら、
    自分を好きになってもらうことを、あきらめていくしかありません。
    いつごろから娘さんがお孫さんに厳しく当たられているのか分かりませんが、
    寂しさを感じた心は、徐々に愛情を求めることをあきらめていくものです。

    そして、期待に応えることも、本当は母親が好きなのに「好き」と感じることさえ、
    忘れていきます。

    そうして、ちょうど10歳のころに、
    「母親に嫌われても、うとまれてもかまわない」という
    心が生まれます。
    それが固まってしまうと、親を信頼せず、言うことなど耳を貸さなくてあたり前になるのです。
    10代中ごろからの反抗期は、程度の差はありますが、
    こうして始まるのです。

    でも、今はまだ10歳です。
    まだお母さんが必要で、「好き」なはずです。
    お孫さんの「お母さんが好き」という感情がなくならないよう、
    エンジェル様は心を砕いていらっしゃるのですね。

    とても大切な時期なので、こちらに相談して頂いて、本当に良かったです。


    では、どうすれば娘さんがお孫さんの好意を上手に受け取り、
    お孫さん「かわいい」と思えるようになるか、
    という問題に取り掛かりたいと思います。

    娘さんはお孫さんが起こした問題に対して、「怒って」いらっしゃいます。
    ここでは「言うことを聞かない」のが問題なのですね?

    娘さんは信じられないかも知れませんが、何度も申し上げますように
    お孫さんは娘さんが好きです。
    まずはこのことを娘さんご自身がしっかりと知ることができると、
    娘さんのお孫さんへの声のかけ方が変わってきます。

    お孫さんも、愛情を感じる言葉に、わざわざ不要な反抗はしません。
    「言うことを聞く」ことが増えるはずです。


    しかしそもそも、娘さんが「この子は私を好き。私だけが頼りなんだ」
    と思えなかった(信じられなかった)から、今の状況が生まれています。
    娘さんはどうやってお孫さんのお母さんを愛する心を、
    知ることができるのでしょうか。

    それには、娘さんご自身が、周囲の人から好かれているという安心感が
    助けになります。
    今はエンジェル様が、その役割を与えられているようです。
    娘さんの安心感のために、娘さんへの愛情を伝える役割です。

    お母様であるエンジェル様が、娘さんのすべてを受け入れて優しく接し、
    理解を示してあげると良いです。
    娘さんが持っておられる不満や不安について否定せず、お話をよく聞いてあげてください。

    そして愛のある言葉がけをしてみてください。

    ここで「心配している」という言葉は、
    相手を信用していない証しになってしまうので、
    言ってはいけません。

    娘さんの不満や不安に対して、「そうなのね」と同調し、
    「あなたも頑張ったね」「よくやってるよ」
    「その気持ち、分かるよ」「私も協力したいと思っている」
    「私の娘だから頑張っているんだよね」
    「疲れているはずだからよく休みなさい」
    等々、ねぎらいの言葉や、愛情を感じる言葉だけを、
    示してあげてください。

    また、エンジェル様ご自身が
    「世間の価値観」から離れるよう努めてみてください。
    他人の口や目や世間体を気にしていると、
    家族の結びつきにもっとも大切な「愛情」を忘れがちにな ります。

    世間体を忘れて「娘はすごく頑張っている」「私の大事な娘だ」ということを
    エンジェル様ご自身が心底感じられると、
    娘さんにもそれが伝わります。
    言葉がけだけではなく、そういう態度が表現されるからです。

    それから言葉で、お孫さんの思いを娘さんに伝えてあげてください。
    「あの子はお母さんのことを大切に思っている」
    「思い遣りのある子どもだ」
    「お母さんを悩ませてしまって悪いと思っている」
    「反省していたよ」

    エンジェル様が示される娘さんへの愛情とともに、
    お孫さんの「思い・愛情」を伝えていくと、
    娘さんは心に、ゆとりを感じ始めるでしょう。
    そして、今は「ダメだ」と思っておられる
    お孫さんの行為を「まぁ、そういうこともあるわね」と、
    ゆとりを持って考えられるようになってくるはずです。
    そのゆとりがお孫さんの安心感になり、再びお母さん(娘さん)への好意を育て、
    信頼感へと発展していきます。

    エンジェル様の娘さんご家族への愛→娘さんの安心感、ゆとり、お孫さんへの愛→お孫さんのお母さん(娘さん)への愛、信頼感→娘さんの安心感、ゆとり、エンジェル様への愛→エンジェルさまの娘さんご家族への愛→・・・

    というように愛が循環して、ご家族を包み始めます。
    愛のある心が、愛のある心を生み育てます。

    まずはエンジェル様が娘さんを理解して、愛情を示すことを
    してさしあげてください。

    状況が変わってくるはずです。

    どうぞお孫さん、娘さん、そしてエンジェル様も、
    幸せをたくさん感じながら過ごしていけますように。

    また何かありましたら、こちら、エキサイトのお悩み相談室をご利用くださいませ。

    エンジェル様のお力になれると幸いです。
    今回は本当に、ありがとうございました。


    カウンセラー 隈元麻愉美

回答したカウンセラー

  • 隈元 麻愉美
  • 隈元 麻愉美くまもと まゆみ

    お気軽にご予約下さいませ。あなたに安らぎを手渡せますように。

    相談件数a
     245件
    価格

     1分 / 130円+消費税   1通 / 2,800円+消費税

    その他
    【性別】女性   【年齢】49才   【血液型】A型  

このカウンセラーの他の相談

似ている相談

PAGE TOP