悩み相談・人生相談ならエキサイト【お悩み相談室】電話カウンセリング
  • 閲覧履歴
  • よくある質問
  • 使い方

新企画 教えてカウンセラー!カウンセラーがインタビュー形式でお悩みにお答えします。

人間関係・仕事・メンタル・片思い・不倫・性など…周りの人に相談しにくいお悩みや不安に、毎回人生経験豊富なカウンセラーが回答します。

お悩み種別職場のコミュニケーションの悩み

【お悩み相談Vol.2】職場での陰口が辛い

今回は、職場のコミュニケーションに関するお悩みに、公認心理師資格を持つじゅりあカウンセラーがお応えします。

今回のお悩み

私は正社員として、女性の多い職場で働いています。昼ご飯や休憩時間に同僚と集まると、よく誰かの悪口で盛り上がります。陰口を聞くのも気分が悪く辛いし、自分がいない時は、自分の陰口も言われているのではと気になって仕方ありません。どうしたら良いのでしょうか?

さとみ(女性 34歳)

コミュニケーションの難しさが不安につながる。対処の仕方とは

じゅりあカウンセラー(以下じゅりあ):女性にとってストレス発散のひとつが、しゃべることです。だからこそ、女性が多い職場だと休憩時間にみんなで集まっておしゃべりして盛り上がることも多くなりますよね。でも悪口の話題になると気になってしまうとのこと。
人の話をちゃんと聞く、真面目で誠実な相談者さんだからこそ、その場にいることが辛くなるのかもしれません。

コミュニケーションの難しさが不安につながることもあると思うので、対処の仕方をいくつかお伝えしますね。

1. 悪口を言う同僚と距離をとること

休憩時間に一緒にいることを避けられないのであれば、自分からあまり発言せずに受容的な態度でいることです。悪口を言う同僚に同調しない・発言しないことは、責められるポイントなどを大きく与えないことにつながります。
また、自分がいない時に自分の陰口を言われているのではないかと不安になるとのことですが、悪口や陰口の話をしている時は気持ちがネガティブになりますよね。その延長線上で、自分がいない時も言われているのかも?と不安感につながりやすくなることもあります。たまには理由を作り、同僚と一緒にいる時間を短くするのも良いと思います。

2. 信頼できる方に話を聞いてもらう

でも、毎回悪口を言っている場にいなくてはいけないことは、ストレスがたまりますよね。悪口を言っている同僚と直接的な関わりがなく、信頼できる人に話を聞いてもらうことは、ご自身のストレスを溜め込まないためにも大事なことです。今回のようにカウンセラーに話を聞いてもらうのもおすすめですよ。

さとみ:実際に自分が陰口を言われているのがわかった時には、どうしたら良いですか?

じゅりあ:その方との職場での距離感がポイントになってきます。例えば同じ部署の同僚の場合、相手との信頼関係は壊したくないですよね。

陰口を言われたらもちろん嫌な気持ちになると思いますが、その方の悪口を誰かに言うのではなく、どうやってその方との関係性を良くしていくかという方向で考えてみましょう。
それは、相手のタイプによって関わり方は変わってきます。

1. 前向きな言葉をかけていく

相手を変えることは難しいので、自分がその方との関わり方を変えていく方法です。
相手にプレッシャーにならないような前向きな言葉を多くかけていくと、相手が悪口を言える状況が少なくなってきます。
実は相談者さんともっとコミュニケーションを取りたいのに、あまり話してもらえないから悪口を言っていた、という場合もありますから。

また悪口を言う人は、性格的なことだけではなく、本人自身が問題を抱えている可能性があります。

例えば、なにか気にかかっていることがあったり、つらい立場を誰かに伝えたかったり。本当は孤独でさびしいのかもしれない、ストレスがマックスなのかもしれない。そう仮定した上で「ストレスたまっていない?」「大丈夫?」と同僚と話をしてみてください。同僚との関係性を再構築するためにも、自分からの前向きな関わりがプラスになり、少しづつ信頼関係につながっていきます。

2. ちょっと引いてみる

誰に対しても悪口を言いたいタイプの場合。
自分が関われば関わるほど悪口が増える状況なら、自分からはあまり話しかけないようにしてみましょう。一歩ひいて傍観することです。

立場の違いで距離感を変えていくのがポイント

さとみ:自分の陰口を言っている相手に直接確かめたり、聞いてみたりするのはどうですか?

じゅりあ:もし悪口を言っている相手が先輩で、先輩として指導しているような立場なら「自分の悪いところを直したいので教えてもらえませんか?」と聞くことは前向きでいいことだと思います。

でも仲間意識を持って関わっている同僚の場合、逆にケンカを売っていると思われることもあります。悪口を言われていると思うことは相談者さんの受け取り方であって、もしかしたら同僚は相談者さんをよくしたいと思っているから前向きに指摘している、という考えかもしれません。
立場の違いで距離感を変えていくのがポイントです。

さとみさんは、仕事以外で趣味などはありますか?自分の時間を充実させていると、そもそも悪口を言っている同僚のことなど気にならなくなるかもしれませんよ。ネガティブなことだけに意識を持っていると、時間がもったいないです!気分転換をする意味でも、ON・OFFの切り替えをしっかりして、自分の時間を楽しみましょう。

今回のカウンセラー

じゅりあ カウンセラー

国家資格 公認心理師、日本心理学会 認定心理士、産業カウンセラー、中央労働災害防止協会 心理相談員。

教育関係の相談員、スクールカウンセラー。

対面カウンセリング件数は、2000件以上。電話カウンセリング件数は、3500件以上。

カウンセラーとして12年間活動継続中。

バックナンバー