恋愛、仕事、人間関係。気軽に電話でカウンセリング

お悩み相談室トップ > 無料カウンセリング > 自分のことが好きになりたいです。変わりたいです。

無料カウンセリング

  • 自分のことが好きになりたいです。変わりたいです。

    最近になって増して自分の惨めさと何も無さを感じて消えてしまいたくなります。私は小学校くらいから自分の気にしていた顔のことでつつかれ、笑われ、トラウマによって男性恐怖症になり、自分の周りからの目を異常にきにするようになりました。その癖を直そうと自分なりに努力してきましたが、思わぬことが起こった時また折れて自分に自信はなくなるし、結局自分が自分を守ってるからいつまでも癖がなおらないんだと自分ばかり攻めて、本当に自分が大嫌いです。やりたいことも好きなことも何かっていわれても自信持って言えないし、不安になるんです。だからいつも周りに合わせて自分の居場所なくなって一人で振り返って、、ついでに人見知りが激しくて、ものすごい壁を作って人と隔ててしまいます。本当は凄く仲良くしたいのに心を開けないが為に、本当はこんな自分じゃないのにと思うだけでただ自分が苦しいし、自分でチャンスを潰してるだけなんです。寄ってきてくれる人がいても自分の性格が邪魔して、よしこれからと思った時にはもうその人は私のことなんて無口な陰気なやつだと思ってしまって本当の性格なんて晒け出さずに終わるんです。だから男の人と付き合ったりするなんて無理なんだって思ってしまうんです。実際自分の話を相談するひとなんていないし、すごく悲観的に考えてしまうし、もう考えるのだったいやです。
    もういい加減なりたい自分になりたいし、前だけ向いて生きたい。自分の反省ばっかの人生は辛いです。もう考えないで???分のことが好きになりたいです。どうしたらいいでしょうか。変わりたいです。

    女性
    19歳
    2015年11月 5日
  • 荘司 正則カウンセラーの回答

    はじめまして。
    荘司と申します。

    相談内容の最後の部分、
    「もういい加減なりたい自分になりたいし、前だけ向いて生きたい。自分の反省ばっかの人生は
    辛いです。もう考えないで自分のことが好きになりたいです。変わりたいです。」
    この言葉が、今のあなたの心の奥深くから沸き起こってきた魂の叫びであり、『なりたい自分』
    なのではないでしょうか?と感じたのですがいかがでしょう。

    それに対して、それより前の相談内容の大半が、ご自分を否定する言葉や悲観的な言葉で埋め
    尽くされていて、本当に辛く苦しい人生を送って来られたのですね。


    ここでちょっと振り返っていただきたいことがあります。それは、そこまで否定的で悲観的な言葉を
    使い続けることで、「一体、何を守ろうとしているのか?」ということです。
    言い方を変えると、否定的で悲観的な言葉を使うことで、「何を得ることが出来ている」のでしょうか。

    もしかしたら、何も守ろうとしていない、あるいは、得ているものは何もないと感じるかもしれません。
    それでも、ご自分のこれまでの言葉や行動をじっくりと観察して、実際に書き出してみてください。
    例えば、
    ・人見知りが激しい → 壁を作ることで「今の自分」を守ることができている
    ・本当の性格を晒すのは怖い → 晒す前に終わってくれて内心ホッとしている
    などです。

    左側に否定的で悲観的な言葉を。そして右側には、それによって守ることが出来ていることを、思い
    つく限り書いてください。箇条書きでも単語でもどんなことでもかまいません。もちろん、完全・完璧で
    なくてもかまわないし、間違っていても徐々に修正していけばいいだけなので大丈夫です。
    できるだけ不安や恐怖を避けたい、安心したいことや安全でいたいことがポイントかもしれません。
    行き詰ったときには、「他にないだろうか」と自分に問いかけてください。
    今、思いつかなくても、2〜3日後にふっと思いついたり、数週間後に気づくことがあるかもしれない
    ので、そこで書き足していけばいいです。


    一つだけ注意点があります。それは、実際にこのワークに取り組まないと気づけないということです。

    簡単ではないかもしれませんし、すぐに思いつかないかもしれません。場合によっては、あまり正面
    から受け止めたくない、できれば見たくない、触れたくないことかもしれません。
    ですが、それは普段意識していないエリアのことを、観察して「意識エリア」に引っ張り出す行為で
    あり、意識できないことは変えようがないとしても、意識さえできれば変えることができる可能性が
    広がることはご理解いただけると思います。
    ですから、頭で分かっているだけではなく、時間を取っていくつか書き出して見える形にしてから次
    に進む必要があるのです。





    さて、いくつ挙げる事ができたでしょう。
    これが、不満だらけの現状、変えたくても変えられない現状を維持している原因かもしれません。

    そして、大切なことが最初にも書いたように、『なりたい自分』の姿が出てきているということは、
    現状を何とかしたいという思いが出てきているということです。
    まだ経験したことがないことに対する不安、知らない分からないことに対する恐怖に直面するより、
    すでに知っている苦痛のほうがまだマシという無意識の思いと、現状から抜け出して変わりたいと
    いう思いので狭間もがいているとしても、先ほども書いたように、意識さえできれば「これまでとは
    違う選択肢」を手にすることができます。

    ですから、ここでは、まず自分を現状に留めている問題に「気づく」ことがポイントになります。





    次に、否定的で悲観的になっているとき、過去・現在・未来の一体どこに行っていることが多い
    のか、ということにも気づくことが大切になってきます。
    悲観や後悔しているときは、おそらく過去に行っていることが多く、不安や心配をしているときは
    未来に行っていることが多いと思います。
    ご自分の書いた内容をもう一度ご覧になって、どこに行って途方にくれていたのか観察してください。

    言うまでもありませんが、「今、ここ」以外では、変化を起こすことは、なかなか難しいです。です
    から、これからも過去か未来に行っていることが多々あると思います。
    「心」は「コロコロ変わるから心」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、そんな心の癖を
    理解し、過去や未来から「今」に戻ることが欠かせません。

    A4くらいの紙に横棒を書いて、右端に未来、左端に過去、中心に現在(今)と書いて見えると ころ
    に貼っておくことで、どこかに行っていても戻りやすくなります。見える化、分かる化、気づく化です。

    そして、今に戻ってきたら、次の質問をしてください。
    「今、ここで何が出来るだろう」
    これも、正確でなくても、完璧でなくても、どんな形でもかまいません。出来ることに集中してください。
    10、20と言わず、もっと書いていただいて結構です。行き詰ったら「他にないだろうか」と自問です。
    注意点として、先ほどの無意識の現状を維持しようとする心が、出来ない理由を作り出したり、出来
    ない理由を過去と結びつけたりすることがあるかもしれません。
    そんなときは、それによって何を守ろうとしているのか、何を得ようとしているのか、それこそ自己
    観察のチャンスです。

    いくつか出てきたら、失敗しないこと、小さなこと、影響の少ないことからで結構ですので、それを実
    行に移してください。それを増やしていくことで、小さな成功体験を積み重ねることができます。
    いきなり自信や勇気は沸いて来ないにしても、続ければ続けるほど、自信や安定、そして勇気が
    貯金されていることが体験できるはずです。

    ここで一つ朗報です。勇気を出して挑戦してそれがクリア出来たなら、次からはそれはもう問題では
    なくなっているはずです。






    また、これらを「実践」した上で、ご自分なりの努力を再度試してみるという選択肢もありますし、
    自分のことが好きになりたい。変わりたい。そのために出来ることをいくつか挙げておきます。

    ・「ありがとう」、「ありがとうございます」と、誰かに言われることをする。
    これは、待っているだけでは何も起こりません。自分から何か行動を起こす必要がある行為です。
    例えば、エレベーターなどで「お先にどうぞ」と譲り、相手に感謝されたら「どういたしまして」と微笑み
    ながら受け入れる。助けを必要としている人がいたら、恥ずかしがらずに行動に移してみる。ボラン
    ティアなどに参加してみることでも、感謝されることや、自分に価値があること、誰かに認められる
    ことなど、自分の内側からだけでなく、外側からも満たされていく感覚を体験できる機会を作ってみて
    ください。
    これは、被災地に出向かなければならないとかそういうレベルの話ではなく、身近なところでかまい
    ません。市町村や町内会のボランティアでも、福祉施設に出向いて話しを聞くでもいいのです。

    ただし、相手に感謝されて、「いえいえ」とか「とんでもない」というような拒否をすることは止めてくだ
    さい。あなたの大切な、本当に大切な自尊心を痛めつけることになりますから。

    ・自分を好きになるために、本を読む習慣を取り入れるというのもお勧めです。
    例えば、オグ・マンディーノという著者の「この世で一番の奇跡」などは読みやすくて、しかも、内側か
    ら満たす作品だと思います。あるいは、ふらっと本屋さんに立ち寄って、目に入った本を手に取ると、
    そこに今のあなたが必要としているヒントが見つかるかもしれません。それが偶然かどうかは、あなた
    が体験してみることで分かることですが。

    他にもいくつかありますが、大切なことは「まずやってみる」ことです。やってみてはじめて次の景色
    が見えてきます。次には次の問題があるわけで、一から十まで知っている必要はありません。
    そんな不安や心配の先取りをするくらいなら、「まずやってみる」という選択のほうが賢明だと思うの
    ですがいかがでしょう。





    車を運転するか分かりませんが、アクセルをいっぱいに踏んでいるし、ハンドルを一生懸命動かして
    いるのに思うように動かない。そうこうしているうちにガソリンは減ってくるし、疲れてイライラしてくる。
    だけど、気づかないうちにブレーキは踏んでいるは、ついでにギアはニュートラルになっているはで、
    まったく持って思い通りに進まない。そしてそのブレーキを踏んでいるのも、ギアをニュートラルにして
    いるのも他でもない・・・・・。

    だけど、それに気づければ、ブレーキから足を離すことも、そしてギアをDや1速に入れて前進する
    ことも出来る。

    そんな、自分の可能性を広げて、前を向いて、自分を好きになって、自信を持って生きる最初の一歩
    のきっかけになれば幸いです。

回答したカウンセラー

  • 荘司 正則
  • 荘司 正則しょうじ まさのり

    悩みを過去のものにして、自分と未来を変えていきましょう! 午後8時以降に待機出来るようにしています。

    相談件数a
     84件
    価格

     1分 / 180円+消費税   1通 / 3,000円+消費税

    その他
    【性別】男性   【年齢】51才   【血液型】O型  
エキサイトお悩み相談室が提携している「株式会社エンファクトリー」に所属するカウンセラーに、このロゴマークが表示されます。

このカウンセラーの他の相談

似ている相談

PAGE TOP