恋愛、仕事、人間関係。気軽に電話でカウンセリング

お悩み相談室トップ > 無料カウンセリング > モンスターペアレントに悩まされています。

無料カウンセリング

  • モンスターペアレントに悩まされています。

    小学校の新任教師です。
    2年生を受け持っているのですが クラスの保護者が数名 モンスターです。

    保護者や家庭訪問でわたしの言葉尻をつついたり、前任と比べたり、不平等を訴えたりと示し合わせたかのように同じことを言います。

    数名なので、他の保護者の方たちは、わたしが新任ということも理解して下さり、協力的なのです。

    でもモンスターグループは、そうではなく…なかなか受け入れてもらえません。

    状況によりますが、モンスターさんたちの言う通りのことも一理あるのですが、クラス全体で考えると、わがままにしか聞こえないので、その通りにもできず。

    わたしの経験不足で不平等さを感じさせてしまったのは申し訳ありませんが、どうしたらうまくモンスターさんたちに集団生活を理解してもらい、信頼関係を築くことができるのでしょう。

    女性
    24歳
    2012年10月10日
  • 岡本 れい子カウンセラーの回答

    バンビさん、メールでのご相談ありがとうございます。
    お手紙を拝見し、バンビさんの抱えていらっしゃる苦悩や戸惑い、ストレスがとても感じられるのと同時に、そんな中でも子供達の為に(またその保護者達の為に)精一杯頑張っていらっしゃるお姿が目に浮かびました。

    小学校の先生は体力的にも精神的にも本当に大変。それも2年生といえば、まだまだ幼児に近い子供達ですから尚更ですね。
    子供が好き、子供たちの笑顔を見ると癒される、子供の成長を感じるのが楽しみだ・・・そんなお気持ちを胸に頑張っていらっしゃるのでしょうが、それでも現実は言葉では言い表せないほど大変なお仕事だと思います。
    ちなみに我が家も2人小学生がおり、本当に小学校の先生方には頭が下がる思いでいっぱいです。

    さて、今“話題?”のモンスターさん達がバンビさんのクラスにも数人いらっしゃるとのこと。それでなくても子供達の教育やお世話・行事の数々で大変なのに、保護者(特にクセのある)に対するケアも考えなくてはいけないとなると、お仕事とはいえストレスが余計に溜まりますね。

    ところで私はモンスターペアレントと言われる保護者にはいくつかタイプがあると思っています。

    例えば、子離れが出来ずに子供=自分というふうに考えてしまい、子供間の問題に対してもどんどん首を突っ込んでくるタイプ。
    欧米では最近このタイプをヘリコプターペアレントと呼ぶそうですが、このタイプはお子さんが優秀であったり、保護者が優秀であったりするケースが多いようです。

    または全て“学校のせい”にしたいタイプ。
    要は自分の都合のいいように全て解釈するので学校や先生側とその保護者との間に誤解が生じることが多々あります。
    また正当化しようとするので、自分の意見に合わなかったり言う通りにしてくれないと、屁理屈をつけてでも相手を攻撃し自分の意のままにさせようと試みたり、悪口を言いふらしたりことが多いようです。

    そしてクレーマータイプ。
    こちらは、その時のノリや感情で相手に対して難癖をつける・または相手を見て無理難題をふっかけるやっかいなタイプですよね。

    バンビさんの言葉尻をつついたり、前任と比べて不満を言ったりということは、どちらかというとクレーマータイプか自分の思い
    通りにしないと気が済まないタイプなのかもしれません。

    さて、そんな時一番大切なのは「ある程度問題をオープンににしておくこと」、なのではないのでしょうか。

    例えば会社でのセクハラやパワハラ・生徒間でのイジメなどを例にとってもわかるように、声を出せないタイプの社員や生徒はターゲットになりやすいということがあります。ですから、例えばそのモンスターさんたちのクレームや意見を“言い方を変えて”上手く保護者会などで題材にしてみたり“こういう意見が出ていますが、このように対処致します”等と述べてみたりするのも1つかと思います。(この時大事なのは、みなさんにお伺いをたてる柔軟な姿勢とともに、断固として言い切る姿の両方でのぞむことです)

    そしてね、こういうモンスターさん達の場合、懐に入ってしまう・・・つまり少し持ち上げ“頼りにしている”といったことを示し、自分も教育者として頑張るがこれからもアドバイスをどんどん頂きたい!出来る事・出来ない事をきちんとお伝えしながらどんどんいいクラスにしていきたい!というような雰囲気を作ってみるのもまた一案です。
    ただし、この場合は線引きが大切。従来モンスターペアレントと言われる人達は、相手の領分に土足で入ってくるタイプが多いのだということを認識した上でアプローチをしないといけないと思います。

    バンビさんは新人さんなのですね。
    きっと毎日教師としての使命感を持たれて教育の現場に立っていらっしゃるのだと思います。
    だからこそ、多くの保護者の方が協力的だし、色々と理解を示して下さるのでしょう。
    もしかしたら多くの良識的な保護者の中でも、そのモンスターさん達は問題のある保護者として捉えられてるかもしれませんね。

    今、世間一般で先生が頭を抱える問題の1つにモンスターペアレントに関連して、保護者同士の中互い・誹謗中傷・イジメなどが多々あると聞いております。(先日、学校外でママ友が会ったりすることを自粛して欲しいとオーダーされた小学校があり、新聞でも話題になりました。)
    もちろん学校外での保護者同士の諍いといったものに関しては先生に責任がある訳では決してありませんし、何かあれば大人同士ですから本人同士がどうにかすれば良い問題のはずです。
    しかし揉め事が大きくなるとそ れはそれで学校や先生の方へ跳ね返りご負担がますます増えることになりかねませんし、そういうギクシャクは子供にも伝わりがちであることから、なるべくなら避けたいというご心情だと思います。

    そうなると、モンスターさん達の意見にも耳を傾けながら、しかしおかしい事・周りの保護者や子供達にとって迷惑となるようなことはしっかりとNOと言っていきたいですよね。
    ただし言い方が肝心。
    モンスターさん達が反撃し易いような返答は避けて頂ければと思いうのです。そしてその時、バンビさんの理念や教育スタイルが一貫してブレないことも大切です。
    でも、もしモンスターさん達の鼻息が荒く、お互い理性的に解決出来なさそうだと感じたら、第3者に相談するという提案をしてみてもいいと思います。
    それは前任の先生でもいいですし、校長先生や教頭先生でもいいですね。ですから、今バンビさんが問題のある保護者への対応で困っている・ストレスが溜まっている等のことは、あらかじめ“いざ”という時に加わってもらえそうな方々には普段よりお話しておくこともポイントです。

    最後に、バンビさんはご自身の経験不足から不平等さを感じさせてしまっている・・と書かれていますが、私が考えるに全員平等などということはまず不可能に近いと思います。

    もちろんなるべくなら常に平等は目指すべきかもしれませんし、
    反対に“常に不公平であってはいけない”とは思いますが、そこにばかり囚われてしまい、本来バンビさんがやろうとされている理想の教育が出来なくなってしまってはもともこもありません。

    理解をなかなかして下さらない保護者の方に対しても、“常に子供を中心に考えた時”ということを前置きとしてお話されてから対応されるといいかもしれないですね。

    バンビさんさんはきっと優しくて朗らかな先生なのでしょう。
    (だから遠慮のない保護者にとっては色々と言い易いのかもしれないですね)
    きっとお子さん達にもとても人気の先生なのだと思います。

    そんなバンビさんのストレスや心配事が少しでも軽くなり、
    より充実した教師生活がおくれます事を心より願っております。

    保護者とのやりとりや対応等で、またお悩みになるようなことがあると思いますが、ストレス過多だとお感じになられた時や、切り返しなどどうしたらより上手く出来るのだろう等と思われましたら、お気軽にお電話やメールなど頂ければ、私の方で是非ともお力になりたいと思っております。

    ご相談、どうもありがとうございました。(岡本 れい子)

回答したカウンセラー

  • 岡本 れい子
  • 岡本 れい子おかもと れいこ

    平日8時〜午後にかけ待機していることが多いです。人間関係・仕事・恋愛・家庭・美容等々・・アナタのhappyを応援!ご相談・ご予約等お待ちしております。

    相談件数a
     410件
    価格

     1分 / 190円+消費税   1通 / 5,000円+消費税

    その他
    【性別】女性   【年齢】49才   【血液型】O型  

似ている相談

PAGE TOP