恋愛、仕事、人間関係。気軽に電話でカウンセリング

お悩み相談室トップ > 無料カウンセリング > 母親が怖くて、過呼吸、ヒステリーに

無料カウンセリング

  • 母親が怖くて、過呼吸、ヒステリーに

    母親が怖いです。過呼吸の慢性化、精神科にいこうか悩んでます。
    26歳の女、両親と実家で3人暮らしです。母は、祖母が末期ガンと告知されてからここ数ヶ月、神経質に拍車がかかってかなり攻撃的になりました。元々完璧主義で自己中心、人の言うことは聞かない人でした。
    私は10年した一人暮らしから実家へ戻り、一人に慣れた生活から実家のルールに従えていません。わたしの普通は母にとってはヒステリーを起こすようなありえない事なのです。
    ヒステリーになると、人間のド底辺にいるような気分になります。
    改めて考えると流せる事でもその時は頭の中真っ白で、気づいたら過呼吸になってます。

    月に2~3回過呼吸になります。
    母はそのせいで私を避け、朝挨拶しても無視(静視?)し、周りには怖いと言ってるみたいです。LINEだけ、他人行儀な言い方で私のココが嫌だとか治せとおくってきます。

    家での会話は殆どみんな無いです。
    父は板挟みですが、結局は母の言い分と同じなんだと思います。
    外泊禁止、夜遅くも基本はだめ、もうストレス発散の場もなくつかれました。
    地元には友達もおらず一人暮らししていた大阪に戻りたいです。
    給料の7割弱を家にいれるよう言われており、(貯金のため)一人暮らしの貯金もできません。

    このままでは欝になり、何を言われるか不安になり、話す事ができなくなりそうで怖いです。

    女性
    26歳
    2017年03月 3日
  • 星 倫太郎カウンセラーの回答

    なおさん、はじめまして、メール相談ありがとうございます。
    なおさんは、実家のお母さんとの関係で、過呼吸、ヒステリー状態で人間のド底辺にいるような気分になるなど、しんどく苦しんであられるんですね。お辛い心中お察しします。

    そのうえで、こちらに相談されましたなおさんは、ご自身のことだけでなく、家族も何とかしないといけないという思いがあられるところには「優しさ」が、そしてそのための「勇気」をもって相談されたと感じています。
    今の問題も、このなおさんがもたれてある「優しさ」「勇気」が鍵となられると思います。

    いただいたメールから、現在、一人暮らしを止めて実家で暮さないといけないご事情があられたと思いますが、なおさんが
    実家でなくても、近くで一人暮らしの選択ができない事情もあられるのでしょうか。

    さて、いずれにしても過呼吸、ヒステリー状態は、自律神経の交感神経がかなり高ぶってあるものと思われます。
    特にヒステリーは愛されてないと感じるとでやすい状態です。
    また、どんなにお金もちになっても、地位が上であっても人間の生理的欲求である、睡眠・食欲・愛情が不足すると人間の
    こころは不安だらけに陥ります。
    そこには、失礼ながら「愛母」でなく毒をだしていることにもきづかない「毒母」をどこかで造り出しているのかもしれません。

    人間は、犬や猫など他の動物と同様に生命の安全装置的な防衛本能をもっています。
    そこがかなり反応すると、常に戦闘態勢になり、いざというときのために交感神経が高ぶっていないといけない状態になるのです。
    犬や猫も初対面では警戒してほえたり、にげたりしますが慣れて安心すると近寄りますよね。そこには「愛情」が生まれてもいます。
    防衛本能が過敏な時には、体内では、怒りのホルモンといわれる「ノルアドレナリン」もでますし、それを補おうとする「コルチゾール」というホルモンは過剰にでると、体内の神経伝達物質まで破壊すると言われていますので冷静な状況や判断もできない状態になってしまうのです。
    お母さんも、なおさんもこの状態にあられるので、休戦状態にならなければこの問題も根本的に解決しないことになります。

    少なくとも交感神経を落ち着かせることができないと、お互いに病的な状況に陥る可能性もないとはいえないのです。
    お手当をするとしたら、腹式呼吸やマインドフルネスなどで、交感神経を鎮める副交感神経を優位にすることが必要ですが、ここはできれば専門のカウンセラーなどに相談されますことをお薦めします。

    また、すぐには休戦状態になれなければ、別居などの安全確保も選択肢です。
    さらに、お母さんを何とかやりこめたい、お父さんに味方にひきこみたいと行動しても、今の状態では、二人とも素直に受け止めていただけないのではないでしょうか。

    他人と過去を変えようとしてもほとんど変わりません。
    もし変えるとするならイソップ物語の北風と太陽の話はご存知ですか?
    責めても責めるだけ相手は防御しますが、太陽のような環境を整えると相手も変わっていいのかなとなりますが、なかなかすぐにうまくいきません。
    ですから、なおさんの「今、ここ」からどうしたいのか、ご両親を変えることよりも自身が安全で心落ち着く状態を取り戻すことが大事な課題ではないでしょうか
    そのためにご両親との関わりをある意味「ワナ」ととらえると、ワナから抜け出す。
    そして、ワナのない生活を取り戻すご自身への許可を出されることです。

    過呼吸やヒステリー状態はワナととらえて、避けるに越したことがないです
    病気にならないための決断として、ワナでない状態は、人間の心地よさを感じる「快」を受け取っていいという許可=ゆるみでもあります。

    「今、ここ」で気付く、「ワナはなし、ワナはストップ」そして、なおさんが求める幸せの状態を取り戻すために、気づいたら、強くご自身の気持ちを都度明らかにすることです。
    これは、己の心を明らかにするという意味、嫌なことから明るく生きると決断する日の「忌明け」の意味でもあります。

    快の力をつけるには、「ストレスコーピング」という手法もありますが、お一人ではその一歩ができないときにも辛い時間を続けるよりもカウンセラーなどと話をしながらご自身の気持ちを整理していくことで緩みの感覚を取戻し、家族と向き合い方で何をすべきか自ら決断行動できるためのサポートも選択肢として考えてみませんか。
    最初は、悔しかったこと、悲しかったことをカウンセラーにぶつけましょう

    心にくすぶっている「ワナ」を言葉にして吐き出してくださ い。
    なぜ、お母さんが完璧主義で自己中心、人の言うことは聞かない、命令的で支配的なのか、挨拶も無視、LINEでのやりとなのか
    防戦する前に、そのなぜかをみつめてみませんか
    「吐く」は口の右に+プラス、―マイナスを書きますが、そのある意味ーマイナスを出し切ることで、残る+プラスだけになって
    くると口に+プラス=「叶う」という文字のようになおさんの心も変わってきます。

    家族という中で全てを切ることはできないにしても、関わる時間を減らすという意味でもさきほども提案しました別居も大切な選択肢です。
    そこでどうすべきを考える力を取り戻されてみませんか?
    そのための「今、ここ」からご自身へまず、「優しさ」「勇気」を大切にされてください。

    いただきましたメールからなおさんができることの一部の提案で申し訳ありませんが
    なおさんの幸せをつかむためのお力のヒントの一つにでもなれば幸いです。


    メール相談ありがとうございました。

回答したカウンセラー

  • 星 倫太郎
  • 星 倫太郎ほし りんたろう

    今日も不安、イライラ、怒り、恐怖、うつ、メンタル他、人間関係、家族、母親が重い?「●●」な心を「○○」へ7年の実績でエキサイトへ新登場

    相談件数a
     57件
    価格

     1分 / 150円+消費税   1通 / 3,000円+消費税

    その他
    【性別】男性   【血液型】A型  

このカウンセラーの他の相談

似ている相談

PAGE TOP