恋愛、仕事、人間関係。気軽に電話でカウンセリング

お悩み相談室トップ > 無料カウンセリング > 買い物依存症の彼女への接し方

無料カウンセリング

  • 買い物依存症の彼女への接し方

    はじめまして。
    5年くらい鬱病を患っている同棲相手(30代半ば、女性)との接し方に悩んでおります。

    私は30代後半・男です。
    彼女が躁鬱・アダルトチルドレン等の症状があり 私もいろいろな箇所で相談してもなかなか解決できず困り果てました。

    具体的な症状としては、
    ネットショッピングを止めない、
    復職した今も給料の大半をそれに充てていたことが後から判明
    (休職中に相当な額の購入があり、私が立て替えた。
    少しずつ返すとは言っているが、月々の返済額が減りつつある)
    注意しても自分が正しいとか、私の稼ぎが少ない・女1人を養えないのかとか逆ギレし
    口論になってしまう
    精神科で処方された薬を大量に服薬してしまい、数日間欠勤する
    等です。

    私も会社のストレスも重なり、精神科の診察やカウンセリングを受けたり、
    役所の無料相談を受けたりもしました。
    しかし解決が見出せなかったり、カウンセリングや通院費用が足りなかったりで、なかなか前に進めません。

    私もお金がなくなり(通院費・上記ネットシッピング等)、 債務整理(自己破産または任意整理)も検討しており、弁護士さんに相談しています。
    弁護士さんには、とりあえず債務整理のことはまだ彼女に言わないで様子を見よう(言ってしまったら、また薬を大量に飲んだりしてしまう恐れがあるので)という方向で進めています。

    彼女の主治医さんの元に私が同行することも考えましたが、彼女が拒否しており、先に進めません。

    私の立ち位置、彼女への接し方がもう分からず、
    38歳の野郎が言うことではありませんが、途方に暮れています。

    どんなことでも構いませんので、アドバイスいただけたら幸いです。
    よろしくお願いします。

    男性
    2017年7月28日
  • 森田 陽子カウンセラーの回答

    ご相談いただき、ありがとうございます。
    カウンセラーの森田陽子です。

    ハードな仕事をこなし帰宅しても安らげない毎日、
    ご心労はいかばかりかとお察しいたします。
    役所の無料相談、弁護士への相談など、できることはなさっておられますね。
    これまで、いろいろなところで相談し、情報収集し、対処なさったことは、
    その時々での賢明な選択だと思います。

    支える側としては、何をどこまでサポートするのがいいのか、
    共依存になり、結果的に本人によくないことをしているのではないか、
    問題を解決しようとして、逆に問題を長引かすことになってはいないかと、
    不安になるものです。
    途方に暮れてしまうのも無理のないことです。
    ひとりで解決できるレベルをはるかに超えているのです。 
    この数年、本当によく頑張ってこられましたね。

    彼女は、躁鬱、アダルトチルドレン、買い物依存症とのこと、
    ご本人が一番苦しんでいることをカッツラーさまは、よくわかっておいでなので、
    何とか力になりたいと心を砕いておられるのに、感謝の言葉どころか、
    暴言を吐かれてしまうと、悲しくなりますね。
    「病気なんだから仕方ない」と言葉を飲み込まれたことも
    何度もあったことでしょう。
    「注意しても自分が正しいとか、私の稼ぎが少ない・女1人を養えないのかとか逆ギレ」は、
    カッツラーさまの正論に、返す言葉がなかったからではないでしょうか?

    彼女には、買い物依存をやめられない罪悪感や自己嫌悪があります。
    そして、カッツラーさまに申し訳ないという思いも当然あります。
    買った物を片づけられない、病気で家事ができない、女性らしくないなどと
    自己評価を下げてもいます。
    だから、カッツラーさまの言葉が何倍もきつく響いたのかもしれません。
    それに、あなたに向けられた怒りの中には、彼女が感じてきた父親に対する怒りも
    含まれているかもしれません。

    また、男はかくあるべき、女はかくあるべきという思い込み、
    男尊女卑的傾向も強そうです。
    成育歴にも関係するので、そういう考え方のクセを直すにも時間がかかります。

    支える側の立ち位置を考えるヒントとして、
    ある精神科医の言葉をご紹介します。
    「病気になるのも本人の権利だ。」

    これは、本人の気持ちを尊重する姿勢も必要ということです。
    つまり、支える側の家族は、どうにもできない部分がある、限界があるということを
    心に留めておくということ。
    指示命令は、本人の持っている力を信じないことでもあり、
    管理、支配につながるからです。

    立ち位置としては、適度な距離感が必要です。
    家族関係には、甘えがつきものです。
    彼女の責任まで自分の責任として背負いこむと、
    結果的に、共倒れとなり、お互いにとっていいことはありません。
    彼女の領域と自分の領域の境界線を引くことを意識してみてください。
    彼女の病気の回復には時間がかかると思いますので、焦らないでください。
    やりすぎると共依存になって共倒れになりますので、無理は禁物です。

    彼女が、買い物依存症やアダルトチルドレンの自助グループに入って、
    同じ境遇の方たちと話をすることで癒され、症状も改善していくと思います。
    行政機関の女性相談(電話・カウンセリング)でも、相談できると思います。
    保健師の訪問看護については、聞いてみられましたか?
    カッツラーさまが、いくら勧めてみても、彼女自身がその気にならないと、
    一歩も進みません。
    けれど、彼女に情報を伝えるだけなら、すぐできますね。
    まずは、小さな一歩から。

    休職中に大量に物を買ってしまったのは、やりやすい環境が整っていたからです。
    意志が弱いとか物欲が強いという話ではなく病気なのですから、
    できない環境に身を置いて治療に専念するのがよいと思います。

    精神科の薬を大量に服薬した場合、救急車を呼び、緊急処置をしてもらった後で、、
    精神科の病院に転院(保護入院)という方法もあります。
    また、彼女の診察に同席できなくても、家族が主治医に相談することも可能なので、
    ご相談なさってみてください。 

    カッツラーさまご自身のことも、心配です。
    どうぞ、お大事になさってください。

回答したカウンセラー

  • 森田 陽子
  • 森田 陽子もりた ようこ

    恋愛、人間関係、家族関係(夫婦、母娘、嫁姑)、介護問題に対応。月〜土/8〜11時、20〜22時、月・木・金/13〜16時/週により変更あり。

    相談件数a
     93件
    価格

     1分 / 100円+消費税   1通 / 3,000円+消費税

    その他
    【性別】女性   【年齢】65才   【血液型】O型  

このカウンセラーの他の相談

似ている相談

PAGE TOP