恋愛、仕事、人間関係。気軽に電話でカウンセリング

お悩み相談室トップ > 無料カウンセリング > 嘘つきな主人に信頼関係が崩れた。嘘つきはなおらないか?

無料カウンセリング

  • 嘘つきな主人に信頼関係が崩れた。嘘つきはなおらないか?

    主人のことです。
    嘘つきです。
    大きいこと小さいこと、どうでもいいことも嘘をつきます。何度か話し合って、その時はもう嘘つかないと反省するのですが、また嘘をつきます。
    嘘をつかれたことにイライラとストレスでしんどいです。離婚したらいい話なのですが子供(0歳、2歳)がいるので、子供のことを考えると離婚は最善ではないと思い、思いとどまってます。
    旦那へのイライラが、子供にも優しくなれず、辛くあたってしまい、自己嫌悪で、悪循環です。
    嘘つく旦那に何かいい方法、案はないでしょうか。義両親に言っても関係が悪化するだけでしょうか。義両親は息子のことをすごくできたいい息子と大絶賛してるのも私からは腹が立ちます。

    嘘つくこと
    ◆借金100万。結婚前に実は100万の借金があるが、これは弟が母親の大切にしてる貴金属を売ってしまって、母親が悲しんでるので、質屋から買いなおしたと聞いていた。実は自分の飲食娯楽での借金
    ◆ご飯は食べてきてないと言うのに実は食べてきて、クレジットカードをきってるのでバレる
    ◆お金問題があったので、クレジットカード切るときは逐一報告するように念書書いてもらったのに、カード使っても報告なし
    ◆駐車違反とられたのに、しらをきる。反則金の納付書が届いて、問い詰めても、嘘をつく。
    嘘をつかれるとこで、信頼関係がくずれて、何をするのも疑ってしまう。

    嘘つきはなおらないでしょうか。。。

    女性
    36歳
    2018年9月7日
  • 森田 陽子カウンセラーの回答

    エキサイトお悩み相談室のカウンセラー、森田陽子です。
    ご主人が嘘をつくことについてのご相談、読ませていただきました。

    嘘をつかれるのは、つらいですね。ぶどうさまの心の痛みが伝わってきます。
    相手への信頼はもちろん崩れますが、自分のことを信頼されていないのかと情けない思いもしますね。
    これまでいろいろな方法を試してみたけれど、効果が出なかったから、今回、何か別の方法を試してみたいと前向きなお気持ちでご相談くださったのですね。

    「嘘つきは、なおらないでしょうか」というご質問ですが、ご主人の場合、癖のようになっているのではないかと思います。
    「小さいこと、どうでもいいことも嘘をつきます」とありますから、そもそも「嘘をついている」という自覚もなく、「嘘をつくこと」が「悪いこと」とも思ってないのではありませんか? だから、しっかり話し合ったつもりで、反省させたつもりで、念書を書かせても、いっこうに嘘はなくならないのです。

    ・反省も、罪悪感もなく、したがって悪気もなく嘘を繰り返す。
    ・自分が有利になるように、嘘に嘘を重ねて、嘘を現実と思いこんだりする。
    ・つじつまが合わなくても気にせず、うまく取り繕うので周りが騙されてしまう。
    ・自分がかわいく、自分のことを正当化するために嘘をつく。
    ・自分の失敗を他人のせいにして、濡れ衣を着せたりする。


    そういう傾向があるなら虚言癖です。当てはまる点がいくつかありそうですが、そこまでひどくはありませんか?

    彼にとって嘘をつくことにメリットがあるのです。
    嘘をつくことで衝撃を和らげたり、ぶどうさまの怒りを鎮めたりする効果があったり、請求書や納付書が来るまで時間を稼げたりというようなことです。
    その場の緊張感をやわらげ、相手の怒りのレベルを下げたいという思いを優先し、行き当たりばったり、すぐバレる嘘をつくのでしょう。そして、言ったことさえまるで覚えていないのではありませんか? 
    あまり考えないで、話をしているってことですね。深く考えた巧妙な嘘ではないから悪質ではないとは言いませんが、クセと考えれば、こちらも打つ手があります。

    1.彼の虚言癖について親や義弟と情報共有。
    ぶどうさま、おひとりだけが虚言癖に気づいているのなら危険です。ご自分が悪者にされないためにも、情報共有は必要。
    彼のご両親は、ずっと騙され続けてきたのでしょう。彼の嘘で、ご両親は喜ばれたことがあったのでしょう。それなら、彼にとっては、「嘘をつくこと」が「いいこと」であり、ハードルは低いわけです。
    もし、ぶどうさまが、ご両親に現実を突きつけると「あなたのほうこそ嘘つきだ!」となるでしょうね。
    けれど、自慢の息子の現実を知ってもらい、あなたのしんどさをわかってもらうために何らかのアクションを起こしてもよいと思いますよ。たとえば、「弟さんがお母様の大切にしてる貴金属を売ってしまって、お母さまが悲しんでたので質屋から買いなおしたとか。優しいんですね」と言ってみる。駐車違反の支払いのことも、「隠してた」と言わないで、「心配させないようにと気遣ってくれたのでしょうが…」と伝えて、ご両親の反応を見ましょう。そういうことを悪口に聞こえないように、サラッと軽ろやかに言うためには、多少の演技力が必要です。「困ってます。心配です。助けてください」モードで言ってみましょう。そんな面倒なことは気が進まないかもしれませんが、やってみる価値はあります。
    彼も将来、子どもに「パパ、うそつき! 大キライ」と言われたくはないでしょうし、ぶどうさまも子どもたちを人間不信にさせたくないでしょう。子どもたちが傷つかないためにどうしたらいいかという視点で考えると、行動しやすいと思います。彼も、心が動くかもしれません。

    2.お金に関する嘘への対応
    嘘をつくのは主にお金に関してのことが多いようですね。
    子どものころ親に厳しくされていたせいで上手に嘘をつくようになったのなら、厳しい対応をすると嘘をつくことが増えます。そうであるなら、ぶどうさまのこれまでの厳しい対応は逆効果であったかもしれません。厳しくすると嘘が巧妙化する危険性があります。また、育児休業中ということも関係あるかもしれません。ぶどうさまの言い分が正論であるからこそ、聞きたくない気持ちがあるのでしょうか。

    ぶどうさまの最大のストレスは、信頼関係が崩れて、「何をするのも疑ってしまうこと」です。だから、話半分というか、適当に聞き流しましょう。「また、嘘ついてる!」と思うとつらいし、イライラします。いちいち「ホントか嘘か」 と疑うのは止めましょう。彼の言うことは基本的に嘘だと決めましょう。それで、余分なエネルギーを消耗しません。また、「嘘をつかないでほしい」という期待も手放しましょう。彼は、すぐバレる嘘をつく人だから、嘘をつくのが下手な人なのでしょう。そう考えると、いまの嘘のレベルのままでいてくれたほうが対応しやすいのです。騙されたふりをして静観すれば、またボロを出すでしょうが、追いこんで嘘が巧妙化するより、まだましでしょう。虚言癖の人には、できたら近寄らないのがいいのですが、家族なのでそうもいきません。育児休業中でもあり、いまは、距離が近すぎるので余計しんどいのかもしれませんね。
    育児休業が終わった時点であわてなくてすむように、いまから、ぶどうさまと子どもたちが安心して生活できるような仕組みを作っていきましょう。

    森田陽子

回答したカウンセラー

  • 森田 陽子
  • 森田 陽子もりた ようこ

    春は出会いと別れの季節。新しい生活に向けて気持を切りかえるチャンス! 思考と行動パターンを見直し、新しい自分にマッチする習慣をつくりましょう!

    相談件数
     156件
    価格

     1分 / 130円+消費税   1通 / 2,800円+消費税

    その他
    【性別】女性   【年齢】66才   【血液型】O型  

このカウンセラーの他の相談

PAGE TOP