恋愛、仕事、人間関係。気軽に電話でカウンセリング

お悩み相談室トップ > 無料カウンセリング > 何か言えば怒って怒鳴り散らす、母親との接し方に悩んでいます

無料カウンセリング

  • 何か言えば怒って怒鳴り散らす、母親との接し方に悩んでいます

    母親との関係に悩んでいます。
    可笑しな日本語になっている部分もあると思いますが、読んでくれたら嬉しいです。

    昔から「お前はやれば出来る」なんて根拠のない言葉を言われ続けました。
    小学校低学年の時は「期待されているんだ、頑張らなきゃ」と必死に勉強して成績もトップでした。
    しかし母は100点を取っても「まあ小学生レベルのテストなら100点くらい当然よね」と少しも褒めてくれませんでした。
    「もしかしたら母は成績ではなく家事などの手伝いを求めているのかもしれない」と思った私は家事も積極的にしていましたが、だんだん「やるのがあたりまえ」のような空気が出来上がり、挙げ句の果てには一回家事を忘れただけで「あんたはいつも何もしてくれない!私ばっかりが辛い!」「あんたなんて産むんじゃなかった」と言われるようになりました。

    母に褒めて欲しくて、認めてもらいたくて勉強をしていたのに、私はいくら頑張っても何も受け入れてもらえない。
    そう感じた瞬間勉強も家事も嫌になってしまいました。

    また、先日とてもくだらないことなのですが大喧嘩をしてしまいました。
    その日はバイトで帰りが遅くなり疲れもMAXでいつもよりイライラしていました。
    なので、いつも帰ったときに母から言われる家事に「弟の方が先に帰ってるでしょ、いつもいつも私ばかり」と反発したのです。
    すると母は「たった10分の事が出来ないの!弟は勉強で忙しいの!お前はいつも何もしてくれないね!」と怒られました。
    正直私は、勉強してても10分くらいの家事なら出来るし、いつも家事の8割は私がしているのに何もしてくれていないなんて都合のいい妄言よく吐けるなと思いました。

    何か言えば怒って怒鳴り散らして物に当たる母とはどう接したら良いのでしょうか。
    もうご機嫌取りの家事もやめたいです。

    女性
    18歳
    2015年06月30日
  • 松田 たけおカウンセラーの回答

    れんかさま、はじめまして。
    カウンセラーの松田が回答します。

    この度は無料メールカウンセリングへご投稿いただき、ありがとうございます。

    ご機嫌とりも家事もやめたいけどやめられないでいる。何か言えば怒鳴り散らす母親との接し方でお悩みとのこと。

    メールを読ませていただき、感じたことや質問(れんかさまの内面に問いかけてみてください)をお伝えします。

    今回ご相談いただいたような内容は、青年期における親子関係の大きな特徴です。れんかさまが、親から自立をしたいと感じている状況といえます。

    子が親から心理的に自立していく過程において、親との心理的な葛藤に悩むことが増えるのは、これまで親元で生きていくために必要だったり信じていた価値観や、思い込み、理想などを負担に感じたり、友人関係やアルバイトなど社会に出て自立して生きていく上で、生きづらさを感じる点が挙げられます。

    本来ならば、お母様が、れんかさまの態度に悩み、親ばなれの姿勢なんだということを学んで、適切な対処ができればよいのですが、今回のメールを読ませていただいた限りでは、れんかさまの親ばなれの姿に対して、お母様は抵抗を感じ、柔軟に対応できないでいるようです。

    そこで、お母様に認められるため、お母様に褒められるために家事を手伝ったり勉強をがんばっていたれんかさま自身が、家事も勉強も「れんかさま自身のため」に行うという考え方や物事の捉え方に変えてみる心の準備が必要になりそうです。

    その上で、お母様との接し方に関しても、まだ未成年ということで学費や生活費など依存している面もあるでしょうから、仮にアルバイトなどで収入を得ることがあれば、家にその収入を入れ、自立していくことを暗に伝えることも必要になってくるでしょう。

    「あんたはいつも何もしてくれない!私ばっかりが辛い!」「あんたなんて産むんじゃなかった」といった発言や、何か言えば怒って怒鳴り散らして物に当たるお母様の気持ちは、これはれんかさまの課題ではなく、お母様自身の課題です。

    もしれんかさま自身に今後の人生における課題があるとすれば、そのようなお母様を見て、れんかさまご自身がどのように感じてしまうかという、物事の捉え方における心の傾向が課題になります(成長の一環であって、れんかさまの問題でも病気でもありませんので誤解なさらないでくださいね)。

    いつも一緒にいる家族ですから、そのお母様の気持ちに理解しようと努力することは、とても素敵なことです。しかし、れんかさまが、お母様の課題をすり替えて、ご自身の課題として責められる必要はないのです。

    れんかさまの年齢では、これから親からの自立、そしてご自身のアイデンティティーの確立をなさっていく段階です。

    アイデンティティを確立するとは、自分は他の誰でもない、まぎれもない自分自身であると日々一貫して認識できることであり、同時に他者(お母様も含めた)も、れんかさまのことを自分とは違うひとりの人間だと認めている感覚のことです。

    今回の一件は、心の自立に向かっているれんかさまが、上記のような認識を確立するために、必要があって起きているのかもしれません。

    ですから、状況がすぐに変わることを期待するよりも、れんかさまにはれんかさまの成長過程おける課題が現実として起きている段階であり、お母さまにとっては、我が子が自立していくにあたって乗り越えなければならない課題なのです。

    今後は、依存部分と自立部分をお互いにしっかりと認識することが親子の関係を心地よい方向へとシフトするきっかけになります。

    これからは親に認められるためではなく褒められるためではなく、自分のために生きると、お母さまに対しても、ご自身に対しても宣言してしまうことです。

    親といえど人間ですから、完璧な子育ては難しいかもしれませんし、そもそも完璧な子育てなんてないのです。

    親の言うことをきかなければならないというお母様の子供のころの家庭環境や時代背景が「子供は親に従うものだ」といった思い込みを形成しているのかもしれません。

    最後に、
    1)仮にれんかさまが、ご機嫌とりや家事をやめたとしたら、どんなことをが起きると信じているのでしょうか?

    その信じていることは100%起きるといえますか?

    では、100%起きないと仮定した場合、どんな助けや行動が必要になりますか?

    2)仮にれんかさまが、ご機嫌とりや家事をやめて失うものは、なんなのでしょうか?

    その失うと信じているものは、100%ほんとうに失うのでしょうか?

    れんかさまとお母様が、新 しい親子関係を築けることを、心よりお祈りしています。

    最後まで読んでいただき、ほんとうにありがとうございました。

    松田 たけお

回答したカウンセラー

  • 松田 たけお
  • 松田 たけおまつだ たけお

    現役結婚相談所オーナーでもあるカウンセラーが伝える婚活必勝心理術・ネガティブ思考や人間関係によるお悩み解決はお任せください

    相談件数a
     2541件
    価格

     1分 / 200円+消費税 

    その他
    【性別】男性   【年齢】50才   【血液型】AB型  

このカウンセラーの他の相談

似ている相談

PAGE TOP