恋愛、仕事、人間関係。気軽に電話でカウンセリング

お悩み相談室トップ > 無料カウンセリング > 愛情表現が口だけのような気がする彼を信じられません

無料カウンセリング

  • 愛情表現が口だけのような気がする彼を信じられません

    こんにちは。
    初めて利用させていただきます。

    私には今お付き合いしている方がいます。その方はとても優しく私を気遣ってくれて私は彼を大切に思っています。
    しかし、彼はなぜ私と付き合っているのか理解ができないのです。愛情表現をされても、ただ口だけのような気がしてしまうのです。
    彼のことを信じたいのですが、父が不倫をし母と私を捨てて家を出ていったことから、
    「いつか自分も捨てられる」という考えがいつも付きまとってしまいます。
    どうしたら相手のことを信じられるのでしょうか。

    女性
    20歳
    2015年6月30日
  • 松田 たけおカウンセラーの回答

    おもちさま、はじめまして。
    カウンセラーの松田が回答します。

    この度は無料メールカウンセリングへご投稿いただき、ありがとうございます。

    大切に思っている彼のことを、どうしたら信じられるのでしょうか?
    というご相談について、3つのStepでお伝えします。

    わたしたちは、辛い思い出を経験すると、防衛本能によって似たような出来事に対して前に進もうとする気持ちにブレーキをかけるという思考と心の仕組みがあります。

    ここでは、父親の不倫によって傷ついた経験と、おもちさまが彼を信じて前に進みたくても進めないでいる気持ちです。

    今のおもちさまは、ブレーキを踏みながら、同時にアクセルを踏んでいる状態です。

    ブレーキを解除するには、過去の出来事が、現在そして未来の延長線ではないという事実を感覚的につかめるようになるのがお勧めです。

    Step1
    喩えば、電車をイメージしてください。

    いつも利用する電車でもいいですし、イメージしやすい電車でもいいです。車両は20両です。

    電車の乗客は、過去の「思い出」です。思い出には良い思い出もあれば、父親の不倫によって傷ついた辛い思い出もあることでしょう。イメージの中の乗客は良い思い出や辛い思い出で満席の状態と思ってください。

    電車は、過去から未来へと向かっています。しばらくすると「現在」駅に到着しました。

    「現在」駅では、最前列に「未来」という高性能な車両(最新の新幹線でもいいです)を5両連結します。そして辛い思い出の乗客は「現在」という駅で降車してもらいます。

    彼を信じることで体験できる明るい未来のイメージが、新たな乗客として追加した5車両の乗客となります。

    そして、20両あった車両で乗客が降車した後部10両は空きスペースとなります。そこには、これから体験するであろう、新しい思い出が乗客になります。

    これで、車両は高性能で軽くなり、新たなイメージという高性能な車両と未来の思い出が、おもちさまを牽引していくことになります。

    イメージできますか?

    このように、実感としてつかむには、未来を強化するイメージワークの繰り返しが有効です。

    イメージワークを繰り返すことで、次第に過去の辛い思い出の記憶が薄らいでいきます。

    過去の辛い経験の積み重ねや衝撃的な体験によるブレーキは、過去の体験全体という車両(器)ではなく辛い思い出という乗客(出来事)にさよならする感覚をイメージでつかみ、新しい未来をイメージによって強化して、ブレーキを徐々に解除していくことで信じる力を解放できるのです。

    イメージを描くのが苦手なら、一連の流れを絵描いて壁に貼ると効果的です。

    Step2
    このイメージワークを行い同時に実践したいのが、解釈の転換力です。

    解釈の転換力とは、出来事に対して、プラスイメージの解釈に転換する力のことです。

    例えば、
    お父様の不倫に対して、お母親とおもちさまを「捨てた」という解釈の他にも、「父親との別れ」という経緯があったからこそ、いまの彼と出会う運命の流れに巡り会えたと捉えることもできます。

    すると、彼を信じるきることが、おもちさまにとって、過去の父親の不倫による「捨てられた」といった解釈を、「あのときの経験があったからこその今」という感謝の体験へと変換することができるのではないでしょうか?

    つまり、辛い経験を通して、人生を学び、最後は感謝へと変わった時、過去の経験は今の幸せにとって必要だった経験へと変わるのです。

    Step3
    そして最後に、一番お伝えしたいこと。それは、おもちさまが、ご自身のことをなにがあっても信じるということです。

    つまり、大切な彼を信じる、そんなおもちさまご自身を信じるのです。

    お母様のように自分もいつか彼に捨てられるのでは?という見捨てられ不安については、ここまでお伝えしたことを繰り返すことで、徐々に解消へ向かうことでしょう。

    お父様と彼も、母親とおもちさまもそれぞれのアイデンティティやまったく違う体験、感じ方ができる一人の人間だということを思い出してください。

    3つのStepを実践していただき、おもちさまが抱いている不安は、弱い未来のイメージに対しての推測であって事実ではないことが腑に落ちたとき、いつしかご自身、そして彼のことを信じる力が身についていることでしょう。

    おもちさまと彼が、お互いを信じあえる素敵な関係になることをお祈りしています。

    最後まで読んでいただき、ほんとうにありがとうございました。

    *ワークの効果は、一人で行う場合、カウンセリングにて行う場合、グループ にて行う場合、それぞれ個人差がございますことを、あらかじめご了承ください。

    松田 たけお

回答したカウンセラー

  • 松田 たけお
  • 松田 たけおまつだ たけお

    婚活で役立つステップバイステップの行動心理・他人に振り回されなくなる自分軸と仕事の悩みや職場の人間関係のお悩み相談はお任せください

    相談件数a
     2611件
    価格

     1分 / 200円+消費税 

    その他
    【性別】男性   【年齢】50才   【血液型】AB型  

このカウンセラーの他の相談

似ている相談

PAGE TOP