恋愛、仕事、人間関係。気軽に電話でカウンセリング

お悩み相談室トップ > 無料カウンセリング > 「早く元気な心を取り戻したい」

無料カウンセリング

  • 「早く元気な心を取り戻したい」

    私の母は私が小学生になった時から重度の鬱病でした
    母のお腹に私ができた時私の父が「そんな覚えはない」と言ったなど聞きたくない事も沢山聞かされました

    父と母は喧嘩が多く父が寝れば母は私に悪口を言う毎日
    それからも急に居なくなり連絡が取れなくなる
    自殺行為
    など沢山ありました

    初めは泣いて止めましたが、「どうせしないくせに止めてほしいだけなんでしょ」と思うようになり…
    娘として最低ですね

    中学になって学校でも色々ありました(省かれたり他人をイジメたり)私自身自殺を何回も考えました
    家もずっとあんな感じなので学校の相談をする事も家の相談も友達にする事もできませんでした

    高校に入って中学と変わり個性の強い子が多く自分の意見は丸め込まれたりけなされる事が多く次第に自分の意見は心にしまうようになりました

    軽い拒食状態になり二ヶ月で10㌔程落ち私も鬱病だと医師に言われました

    母の気持が今になってよく解りますが
    母は私の事は理解してくれませんでした

    朝が辛いと言っても母は「あんたなんか信用できる訳ないでしょ」と言いました
    父は黙って見ているだけで守ってくれません

    学校生活では次第に自分がどんな人間か他人との接し方が解らなくなりました
    自分は認められたいが為に人に優しくしてニコニコしているのに友達はいい人すぎて逆に辛くなります

    最近道を歩いていても現実味がなく絵の中の世界のように感じます
    世界に自分だけ

    でも誰かに殺される跡をつけられてると感じてします
    次第にお腹が破裂するくらい目についたものを片っ端から口に入れるようになりました
    でも私は怖くて吐けず

    苦しくて座るのも立ち上がる事もできず寝てしまいます
    学校にもあまり行けていません

    友達にも相談しようと思いましたが
    ただの怠け者だと思われてしまうのではないかと怖くて相談できません
    学校、部活に行かなきゃと考えると息苦しくなって動悸が起こります

    イジメや友達が居ない訳ではないのですが考えると苦しくなります
    そして先日部活で痩せろと言われました

    普段から痩せようとは思っていますが過食がやめられず痩せなきゃと思えば思うほど過食がエスカレート

    もうすぐ引退なので頑張りたいのですが凄く無気力で体と心が思うようにコントロールできません

    早く元気な心を取り戻したいのですがなかなか上手くいきません
    どうしたら良いでしょうか長文申し訳ありません。

    女性
    17歳
    2010年5月5日
  • 長谷川 さとみカウンセラーの回答

    はじめまして、まいさん。
    カウンセラーの長谷川と申します。

    まいさんのメールを何度も
    読ませていただきました。
    とても辛く苦しい状況でありながらも、
    どうにかしたい。
    元の元気な心を取り戻したい。
    という、切実でそれでも前向きに
    生きようとしている姿勢が感じられ
    「すごいなぁ。」「立派だなぁ。」
    とつくづく思いました。

    そんなまいさんの応援ができればと
    考えてみますので、
    どうぞよろしくお願いしますね。

    まいさんのお母さんは、
    まいさんが小学生のときから
    うつ病を患ってしまったのですね。
    それも、重度であるならさぞかし
    ご本人はもちろん、家族全体で
    とっても大変なことでしょうね。

    まいさんが、まだ小さいときから
    聞きたくないような辛い言葉や、
    両親の間での悪口など
    聞かされてしまったんですね。
    辛かったでしょうね。
    悲しかったでしょう・・・
    両親の喧嘩も見たくなかったはずでしょうね・・・

    私まで胸のあたりが苦しくなってきますよ。
    まだ小学生だったのに、よく我慢しましたね。
    我慢するしかなかったとしても、
    しんどかったと思います。

    お母さんが急にいなくなったり、
    自殺行為があったのは
    すべてうつ病の症状ですね。
    そんなお母さんに対して、
    >「どうせしないくせに止めてほしいだけなんでしょ」
    と思う自分を責めているようですね。

    まいさんは、お母さん思いで
    心の優しい人なんですね〜
    心配ですよね。
    真剣に心配しているからこそ
    何度も同じようなことが繰り返されて
    「どうせ・・・」と思ってしまっても
    仕方がないと思います。
    どうか、自分を責めたりしないで!
    その愛情、お母さんに届くといいですね。


    中学、高校の現在に至って
    思春期というのは、ささいなことでも傷つき、
    自分だけが周りと違うのかとか、
    自分を押さえて周りと合わせたりなどなど、
    優しくて気を遣う人にとっては、
    ホント疲れますよね。

    まいさんもそんなところが
    あるのではないですか?
    自分のことは控えめにしたり、
    後回しにしたり・・・
    そうして、何も言わない方がいいのでは。
    と考えてしまったのかな?
    辛かったでしょう。
    うつだと診断が出たのですね。

    ちゃんと病院に行って
    お薬も処方してもらったのなら
    少しは安心ですね。
    自分が大変な状況でも、
    お母さんの気持ちが解かる
    というまいさんは、とても大人ですね。
    冷静に自分やお母さんのことも見つめている。
    立派だなと感心してしまいます。

    でも、一番解かって欲しい人に
    理解を得られず悲しいですね。
    お父さんの協力も難しいようですが、
    お父さんは、うつ病についてどれくらい
    理解されているのでしょう・・・?
    ひょっとしたら、どうしたらいいのか
    分からないのかもしれませんね。

    出来れば、お父さんと一緒に病院に行って
    家族で協力していけるように
    医師と共に話しあえるといいと
    思うのですが。どうでしょうか・・・?

    うつになったり、
    過食になったりするのは、
    心のバランスが
    取れなくなってしまったからであって
    決して、怠け者なんかではありませんよ。

    まいさんが、誰にも打ち明けられずに
    ずーっと長い間ひとりで頑張ってきたこと。
    その頑張りをまず、
    自分自身で認めてあげてほしいのです。
    他の人に認めてもらう前に、
    自分が認めて受け入れる。
    少なくともここに一人、
    あるがままのまいさんを認めて
    ぜひとも応援したいと思っている人間が
    いることをどうか忘れないでほしいなと
    思いますよ。

    まいさんは、独りで我慢することが
    当たり前になって、
    人には頼れないという規制を
    無意識に自分自身にかけているのではないかな?
    と私は思いました。 無意識にね・・・

    なので、その規制を取り払って
    あるがままのまいさんを
    取り戻してほしいのです。
    こんな風に考えてみました。


    ●まいさんの相談メールの中には、
    すでに今までの辛かったこと、
    我慢してきたことが書かれていますね。
    それらを「よく頑張ったな。」と
    しみじみ自分を褒めてあげてください。

    ●親に理解を得られなくても、
    それは病気であるからだし
    期待を持たず、医師と
    相談していくようにしてみる。

    ●周りに気を遣わず自己主張してみましょう。

    ●一人でも心を開けるような人がいれば
    遠慮しないで、言いやすいところから
    打ち明けてみる。

    ●苦しい思いをしてまで学校や部活に
    行かなくてもいいんじゃないかな。
    そんな時は休んでもいいのでは。

    ●食べることで心のバランスを
    取っているだけなので
    無理に 痩せようと思いつめなくてもいい。

    ●イジメは受けていない、友達もいる。
    そんな現実を受け入れて、
    自分は独りではないことを認めてください。


    どうでしょう?分かりずらいところはありますか?

    まいさんは、もうすでに元気な自分を
    取り戻すために一歩を踏み出しているんですよ。
    勇気を出してこの相談メールを
    送ってこられたこと。
    そして、「早く元気な心を取り戻したい」
    と考えていること。

    それに対して、しっかり行動を
    起こしているこの事実が
    きっとまいさんには元気になっていける
    チカラがあると私には感じられます。


    どうか、あきらめないでくださいね!!
    大丈夫。あなたは十分頑張っている。
    そして、頑張りすぎてしまったから
    今、ブレーキがかかったんだと思うのです。
    少しストップしてみて!と・・・

    車もスヒードが上がりすぎると
    事故を起こしてしまうでしょう。
    まいさんも自分が壊れてしまわないように、
    心がブレーキをかけてくれたんでしょう。
    「ストップして、休んでもいいよ〜」って。
    「今は、頑張らなくてもいいよ〜」って。

    これから社会に出れば、
    違う世界をもっと見ることができるでしょう。
    もっと自由に、のびのびと生きていけることを
    祈っています。

    最後まで読んでいただいてありがとうございました。

回答したカウンセラー

  • 長谷川 さとみ
  • 長谷川 さとみはせがわ さとみ

    10/21(土)は23時〜24時まで待機しています。家族や職場など人間関係でのお話、じっくりお聴きいたします。

    相談件数a
     346件
    価格

     1分 / 180円+消費税 

    その他
    【性別】女性   【年齢】53才   【血液型】O型  
エキサイトお悩み相談室が提携している「一般社団法人日本10代ホットライン協会」に所属するカウンセラーに、このロゴマークが表示されます。

このカウンセラーの他の相談

似ている相談

PAGE TOP