恋愛、仕事、人間関係。気軽に電話でカウンセリング

お悩み相談室トップ > 無料カウンセリング > 自己否定のまま面接に挑むより、自分を好きになった方がいい?

無料カウンセリング

  • 自己否定のまま面接に挑むより、自分を好きになった方がいい?

    現在、就職活動をしている最中です。

    2004年にうつ病で会社(パート勤務)を辞めてから、現在まで就職活動をすっぽかしにして、逃げていました。

    現在までに、何度か面接に行ったことがあったのですが、すべて不採用でした。

    不採用になった原因を自分で分析してみると、自己否定の塊で面接に挑んだからだと考えています。

    自己否定の塊で面接を受けた為、自分が知らないうちに表に出てしまって、面接官に「この人、本当にやる気があるのか?」という目で私を見ていたと思います。

    現在に至るまで、何度か求人票を見たり、ハローワークに通ったりしていましたが、物凄くストレスを感じてしまい、2年以上何もせずにすっぽかしにしていました。

    私と同世代の人はみんな頑張って働いてるのに、自分は何もせずに家でダラダラ!親のすねをかじってる……、そんな自分が本当に許せないです!!

    8月から3か月間通っていた職業訓練も終わり、本格的に就職活動しなければいけないのに、「パソコン検定3級の資格を取ってから!」と言い訳しては面接をすっぽかそうとしている自分が本当に許せないです!

    「そんな言い訳してる暇があるなら、キャリアコンサルタントを利用するか、ハローワークに毎日通え!!」と自分にきつい言葉をかけ続けていますが、それでもすっぽかしにしようとしては逃げています。

    自分が何かに言い訳しようとして逃げるのなら、「言い訳は聞かぬ!!ゴチャゴチャ言い訳を並び立てて、何もしない……、言い訳ばかりして逃げるのなら、手首を切って死んでしまえ!!」と自分に厳しく言い聞かせています。

    現在の厳しい世の中、言い訳なんて通らないし、誰も言い訳なんか聞かないですね。“言い訳”という言葉は私の一番嫌いな言葉です。ゴチャゴチャ言い訳ばかりする人って、見ていて見苦しいですね・・・。

    「死にたくないのなら、言い訳ばかりしないで就職活動して、働け!!!」と自分にきつく言い聞かせて、就職活動に臨もうとしている最中です。

    面接するにあたって、自分を好きになって面接に挑む方が有利なのでしょうか?自己否定の塊で面接に挑むのは不利なのですか?

    そこの辺りをハッキリさせようと思って質問させていただきました。

    女性
    37歳
    2010年12月17日
  • 長谷川 さとみカウンセラーの回答

    はじめまして、ホーリーさん。
    カウンセラーの長谷川さとみ と申します。
    この度は、ご相談メールをいただきまして、ありがとうございます。

    ホーリーさんのご相談を読ませていただきました。
    自己分析の上、自分に厳しく言い聞かせながら
    就職活動を続けておられるのですね。
    なかなか上手くいかない状態に焦るお気持ちが伝わってきました。

    そんな辛い状況のホーリーさんからの問いかけに
    何かお答えできることがあればと思いますので
    どうか、一緒にお考えくださいますよう
    よろしくお願いいたします。


    ホーリーさんは今から6年ほど前にうつ病が原因で
    お仕事を辞められたのですね。
    今の時点でうつ病からはどれくらい回復なさったのでしょうか?
    通院とか、お薬の服用はされているのでしょうか。

    職業訓練に通われていたようなので、
    ずいぶんと回復なさったのでしょうね。
    頑張ってこられたんだなと思います。

    ですが、ホーリーさんは面接が全て不採用であったことから
    その原因は自分が「自己否定の塊だから」だと考えたのですね。

    メールの中には、ご自分を責めるような言葉がたくさんあって
    とても苦しくて、悲しそうに感じました。

    でも私には、職業訓練を3ヶ月も通ったこと。
    パソコン検定3級の資格を目指していることなど
    どれも素晴らしく、頑張っているんだなと思いました。

    そして、自己分析までして不採用になった原因を考える姿勢も
    立派だと私は思います。
    でも、出てきた答えは自分を否定的に考えていることだったのですね。


    自分のよくないと思えることはたくさん出ていますので、
    今度は自分のよいところを考えてみませんか?

    面接というのは、自分をアピールする場所ですよね。
    いかに自分のことを宣伝して売り込むか。
    これが重要なことだと思うのですが、どうでしょう?

    何度かの面接が不採用だったことで、
    自分自身も否定されたと感じてしまったのかもしれないですね。

    そのために自信が持てず、面接や就職活動すら
    怖くなっているのではないでしょうか。

    6年という長いブランクがあるのですから
    不安や焦りなどあっても当然でしょうし
    仕事に復帰することが怖いとも感じますよね。
    無理もないことだと思います。

    そんな気持ちが無意識に今の就職活動を
    拒否してしまうのかもしれないですね。

    だけど、ホーリーさんが意識していることは
    ・廻りはみんな働いている。
    ・親のすねをかじってダラダラしている自分は許せない。
    ・言い訳せずにさっさと働け。

    こんな風に自分に厳しい言葉を投げつけるだけなんですね。

    ホーリーさんは元々、とても真面目で
    とても頑張り屋さんなのではないですか?
    言い訳ばかりして、頑張らない人は認められない。
    と感じたことはないでしょうか?

    また、完璧を求めるあまり
    失敗はあってはならないことだとも感じていませんか?

    何度失敗しても大丈夫。
    そこで諦めずチャレンジし続けることが大事ですよね。

    ホーリーさんは大丈夫。
    しっかり階段を上がっていますよね。
    ・3ヶ月間の職業訓練を受けたこと。
    ・パソコン検定の資格を取ること。
    ・面接に挑む姿勢を持っていること。

    そして、そのためにこうして質問をくださったこと。
    自分のためにちゃんと進んでいますね。
    素敵なことだと私は思います。



    自分の中には、好きな部分も嫌いだなと感じる部分もあって
    それがありのままの自分自身なのではないでしょうか。

    私の中にも、長所は好きなところだけど
    嫌いな短所もあります。
    どちらも自分自身ですよね。


    好き嫌いは問題ではなく、
    こうして頑張っている自分のことを
    しっかり認めてあげてください。

    うつ病を克服して社会復帰を目指しているホーリーさんの
    どこも否定などすることは無いと思います。
    立派な姿だと感じますよ。

    面接が上手くいかなかったかもしれないけれど
    ホーリーさん自身がダメなのではなく
    アピールの仕方を間違っただけ。

    前に進むことがちょっと怖くなってしまったかもしれないけど
    しっかりステップを踏んでいる。


    資格を取って少しでも自信が持てたら
    それを武器にして、堂々と面接に挑んでください。
    自分を否定しないホーリーさんの姿が
    きっと伝わるのではないでしょうか。


    いかがでしょうか?
    ホーリーさんはどんな風に感じていますか?


    面接を受けるにあたって、
    自分を好きになることより
    まず、自己否定はやめましょうね。

    頑張ってここまできた自分を認めて
    不安や焦りと向き合っても
    自分を励ましな がら、応援してあげてください。

    もちろん、私も応援していますよ。
    ゆっくりでもいい、確実に進んでいるホーリーさんが
    この厳しい世の中で頑張っていることを
    誇らしいと思っています。


    どうか、心も体も大事にしてくださいね。


    ご相談、ありがとうございました。


    長谷川さとみ

回答したカウンセラー

  • 長谷川 さとみ
  • 長谷川 さとみはせがわ さとみ

    主に22時〜24時で待機しています。不定期ですがその他予約枠もご覧ください。

    相談件数a
     264件
    価格

     1分 / 180円+消費税 

    その他
    【性別】女性   【年齢】52才   【血液型】O型  
  • 退席中
エキサイトお悩み相談室が提携している「一般社団法人日本10代ホットライン協会」に所属するカウンセラーに、このロゴマークが表示されます。

このカウンセラーの他の相談

似ている相談

PAGE TOP