恋愛、仕事、人間関係。気軽に電話でカウンセリング

お悩み相談室トップ > 無料カウンセリング > 自分の気持ちを抑えながら、夫の対応に苦悩しています。

無料カウンセリング

  • 自分の気持ちを抑えながら、夫の対応に苦悩しています。

    主人(41歳・技術職)が会社を辞めたい、離婚したい、死んで楽になりたいと言い、悩んでいます。

    仕事が忙しくなるとこのようなことを訴えます。
    ここ5年間で5,6回ありました。

    仕事はかなりできるほうで、周りからの信頼も厚いです。
    中途半端なことはしたくないし、人が困っているときは自分が忙しいときでも力になっているらしいです。

    「でも自分が困っているときには誰も助けてくれないし、自分が先回りしてほかの人のためにやったことには感謝もされず当たり前のように思われ、ミスがあったときだけ責められる、責任に押しつぶされそうだ」といいます。

    小さい会社から大手企業に出向していて、残業しても給料は変わらないし、周りの人と同じか低い手取り額で、どうしてこんなに重大な責任を負わなきゃいけないんだ、と言っています。

    私に対してもそのような気持ちがあるのか、「会社を辞めたい」と言い始めると必ず、「離婚して一人になりたい」「死んだほうが楽だ」と続きます。

    今朝は「辞めてからゆっくり考えればいいよ」と言ってみたのですが、「考えて答えを出さなきゃいけないのがまた責任になってくる」と言われました。

    中学生の息子のことは今までは何も言わなかったのですが、今朝は「アイツの養育があるから結局辞めたくても辞められないんだ」と言いました。

    私の心のうちには、今同居している主人の父とその妹(障害者)の面倒を私がみていること、離れて暮らしている私の両親(うつ病の母を父が一人でみています)に主人が何も接触してくれないことで、決して口には出していませんが、主人に対して諦めに近い不満があります。

    「周りはみんなお気楽で、自分だけが苦しい」と訴える主人に「視野の狭い人だな」という気持ちもあります。

    それでもここまで言うのだからなんとか気持ちに寄り添おうと、話を受容的に聞いているつもりです。
    でも心の中で、「私の両親はもっとたくさんのものを背負いながら私たちを育ててくれたはずだ」と思ってしまうことも否定できません。
    もちろん口にはしませんが。

    今後私は主人に対してどう接したらいいのでしょうか。アドバイスをお願いします。

    女性
    41歳
    2010年08月13日
  • 長谷川 さとみカウンセラーの回答

    はじめまして、あいさん。
    長谷川さとみ と申します。

    この度は、ご相談メールをお寄せいただきまして
    ありがとうございます。

    あいさんのご相談をじっくりと読ませていただきました。
    自分の気持はずっと抑え込んだままで、必死にご主人の嘆きを
    受けとめてこられたのですね。
    ご主人に尽くしてこられたあいさんの本音の部分が
    叫んでいるかのように、苦しい思いが伝わってきました。

    これからのご主人への対応がわからなくなってしまったという、
    あいさんの心が少しでも軽くなりなすよう、
    私にも何かお手伝いできれば・・・と思いました。
    どうか、一緒に考えていただけると幸いです。
    よろしくお願いいたします。


    あいさんは、いつもいつもご主人の悩みを受けとめ
    聞いてあげているのですね。
    5年で5、6回あるということは、毎年最低1回は
    同じことを言い続けておられるのですね。
    けれども、ご主人はその状況を変えようとは
    考えておられないのでしょうか?
    だとすれば、同じことを繰り返し聞いていくというのも
    かなり辛い状態なのではないでしょうか。

    しかも、妻であるあいさんに対してまで、
    「離婚して一人になりたい」「死んだほうが楽だ」
    と繰り返されたら、まるでこちらが何か悪いことでもあるのかと
    思ってしまうような、不快な気持ちになるのではないでしょうか。

    あいさんはどんな気持ちでいつも聞いておられるのでしょう?

    ・私が悪いから離婚したいと思うの?
    ・死ぬほどいやなら辞めてしまえばいいのに。
    ・自分の息子まで責めるような言い方にはうんざりだ。

    こんな気持ちがあるのではないですか。
    それでもよく我慢して聞いてあげていますね。
    妻として人としてえらいな・・・立派だなと思いました。

    そんなご主人に、「辞めてからゆっくり考えればいいよ」
    とアドバイスしてあげたのに、
    「考えて答えを出さなきゃいけないのがまた責任になってくる」
    と返ってくるのですね。
    さらに息子さんのことも、
    「アイツの養育があるから結局辞めたくても辞められないんだ」
    となってしまうのですね。

    何だか私には、駄々をこねている子どものように感じられました。
    「やだ、やだ、もうやだーーー!」とひっくり返って
    手足をバタバタさせている子どものよう・・・
    妻であるはずのあいさんは、まるでお母さんのように
    言い聞かせようとしても、全く聞き入れる様子もなさそうですね。

    これが本当に我が子であれば、「しょうがないわね」と
    抱っこでもしてあげるところでしょうが、
    大の大人ですから呆れてしまうかもしれませんよね。

    そんなことが毎度繰り返されたら、本当にしんどいでしょうね。
    しかもご主人は解決策を見つけるという相談を
    されているのではなく言いやすい相手に、ただストレスをぶつけて発散し自分を保っているだけ。
    あいさんがそれをいつも受けとめてくれるから、
    ご主人は今まで自分を守ってこられたのでしょうね。

    けれど、今度はそうやって聞いてあげたことが
    あいさんのストレスになってしまったようですね。
    苦しいですよね。
    しんどくて悲しくなってくるのではないかと思います。

    そんなご主人の気持ちに寄り添おうと、受容的に話をきいている。
    こんなあいさんが私は切なくて、とても心配になりました。
    自分のことを責めたリしていませんか?
    「視野の狭い人だな」と感じても無理のないことだと思います。
    確かに、ご主人は視野が狭くなっているでしょうね。

    ご主人は、
    ・完璧主義で責任感も強い。
    ・よく気が付き仕事も早い。
    ・周りから信頼され、期待も大きい。
    こんな感じの人なんでしょうか?
    仕事熱心な頼れる人なんでしょうね。
    けれどその分、期待に応えなければとか、中途半端なことはできない
    と自分のことをグルグル縛って緩めることはないのでしょう。

    自分のことを自分で認めてないから、周りからは認められたいと思っている。
    でも認めてもらえないと、周りのせいにしてしまうのかもしれませんよね。
    かけられた期待に応えようと頑張りすぎてしんどいでしょうね。
    そんなことになっている自分に気が付いて
    どうなりたいのかと自分に問いかけてみれば、
    何か動き出すのかもしれないなと、私は思います。

    ですがこれは、ご主人の問題であって
    ご主人が自分の人生において、成長し責任をとる必要があるのではないかと私は考えるのです。
    でもそれをせずに、「周りはみんなお気楽で、自分だけが苦しい」
    と主張するだけで、「だからどうしたらいいのか」とは考えない。
    そして、妻に延々愚痴って いる。
    ご主人にとっては、あいさんにしんどい思いをぶつけることで
    ストレス発散できるかもしれないけど、
    それを受けとめているあいさんの気持ちは・・・
    と考えてほいですよね。


    そして、あいさんにはずっと心にしまっている思いがあるのですね。

    ・「今同居している主人の父とその妹(障害者)の面倒を私がみている」

    ・「離れて暮らしている私の両親(うつ病の母を父が一人でみています)に主人が何も接触してくれない」

    さらに、
    「私の両親はもっとたくさんのものを背負いながら私たちを育ててくれたはずだ」
    と言う思いを口には出さず、我慢してこられたのですね。
    こんな気持ちをずっと抑え込んでいるから、
    成長しないご主人に「諦めに近い不満」を抱いてしまうのでしょうね。

    しんどいでしょうね・・・
    何だか情けなくなったり、悲しくなったり、空しくなったり・・・
    こんな気持ちがあるのではないですか?


    同居しているご家族の世話に対して、ご主人は協力的なんですか?
    それもなく、あいさんが一人でやっているのなら大変なことですよね。
    それもやりながらパート勤めもし、子育てや家事までこなしているのですよね。
    それだけでヘトヘトになってしまうのではないでしょうか。
    よく頑張っていますね。立派だと思います。

    また、実家のご両親に対しては接触もないのですね。
    そこが一番、あいさんの辛いところなのではないかな・・・
    と私は感じました。

    <夫の家族の面倒は妻がちゃんとみているのに、
    離れて暮らしている妻の両親には関心を持たない夫>

    とっても残念ですよね。
    とっても悲しいですよね。
    うつ病のお母さんのこと、心配でしょうね。
    一人でお母さんを支えているお父さんのこと、心配でしょうね。
    ご主人にとっても義理の親になるのですから
    自分の親と同様に、もっと関わりを持ってほしいですよね。


    こんな気持ちをずっと口にしないでこられたのですね。
    それではあまりにも、あいさん自身がかわいそうすぎではないでしょうか。
    もっと自分のことを大切にしてほしいです。
    もっと自分のことを労わってあげてほしいです。
    自分のことを、まず自分自身で大事にしてほしいと思うのです。

    そのためにどうしたらいいか。
    私が考えるのは、「こんな気持ちを持っています。」と
    ご主人に伝えること。なんですが、あいさんはどう感じますか?

    ・そんなこと出来ない。
    ・言ってもどうせ聞いてくれない。
    ・逆切れされそう。

    こんな風に思うかもしれませんよね。
    確かにそうかもしれません。まともには聞いてくれないかもしれませんね。


    「今後私は主人に対してどう接したらいいのでしょうか。」
    あいさんはどうしていきたいと思いますか?

    ① このまま変わらない夫の愚痴を聞き続ける
    ② 夫に大人になってほしいと願う
    ③ 夫を支えることが自分のストレスになっているからもう聞かない
    ④ 自分の親のことにも目を向けてほしい

    もっとあるかもしれませんよね。
    つまりは、今のままでいいのか、状況を変えたいと考えるのか。
    あいさんが選んでいいのではないでしょうか。

    もしも、①以外のことを選ぶのであれば
    やはり自分の気持ちを相手に伝えるのがいいと思うのです。
    ですが、伝えたからといってご主人がそれを受け入れて
    自分を見つめ直したりするかどうかはわかりませんが、
    あいさんが今までの流れを変えてみることも
    できるのではないでしょうか。

    ご主人に手紙を書いてみる。という方法もあると思います。
    口で伝えるのが難しいとか、聞いてもらえないと感じる時は
    手紙に書いて渡す。
    あいさんの率直な気持ちをご主人は、はじめて知ることになるでしょうね。
    ひょっとしたら、何も感じてくれないかもしれませんが
    自分の気持ちを渡すことはできるでしょう。
    相手の変化を期待するのではなく、まず自分の気持ちを知ってもらう。
    こんなことからはじめてもいいのではないかな・・・
    と私は考えてみました。


    ここまで読んでくださってありがとうございます。
    あいさんはどんな風に考えますか?


    最後に少し、ご主人のケアについて考えてみたいと思います。
    何でも一人で抱えてしんどくなってしまうようなので
    ・たまには誰かに任せるとか、
    ・誰かを頼ってみるとか、
    ・自分が先回りしてやってあげなくても、仕事なんだから皆が責任を持ってやるべきこと、
    こんな風に、考えてみたらどうでしょうか?
    完璧にこなしてこそ!と思って頑張ることは立派だなと思うのですが
    そんなにいつも完璧に出来るとは限らないのでは ・・・
    と私は考えるのです。

    あまりに思い込みすぎて心が不調に陥り
    怒りがどんどん減退してふさぎ込みだしたら心配ですよね。
    ご主人がカウンセリングを受けることもありかなと思いました。
    もちろん、怒ってる時でもありですが・・・


    今までいっぱい頑張ってこられたあいさんが
    これからは自分で選んで心穏やかに生活ができますよう
    私は応援していきたいのです。
    皆、いろんなものを抱えながら生きているのですよね。
    一人ではない、支えあって生きていると感じます。
    だからこそ頑張れるし、やさしくもなれる。
    私はそう思っています。
    あいさんはそれが出来ている人。
    素晴らしいですね。


    どうか、自分を大切にしてほしいです。

    ゆっくり考えてみてほしいのです。

    また何か、しんどいことがあるとか
    そういうことじゃなくて、もっとこういう気持ちなんだ。
    こんな風に感じられるときは、いつでもご相談ください。
    私はいつでも、ここでお待ちしています。


    どうもありがとうございました。

    長谷川さとみ

回答したカウンセラー

  • 長谷川 さとみ
  • 長谷川 さとみはせがわ さとみ

    毎日18時〜24時まで待機しています。まとまっていなくても大丈夫です!まずはお話しください。

    相談件数a
     291件
    価格

     1分 / 180円+消費税 

    その他
    【性別】女性   【年齢】52才   【血液型】O型  
エキサイトお悩み相談室が提携している「一般社団法人日本10代ホットライン協会」に所属するカウンセラーに、このロゴマークが表示されます。

このカウンセラーの他の相談

似ている相談

PAGE TOP